光干渉断層検査のポイント

光干渉断層検査のポイント【いまさら聞けない看護技術】
公開日:2013年7月20日
最終更新日:2013年7月20日
(変更日:2013年8月2日) ※

目的

  • 光干渉断層検査(OCT)を受ける患者に適切な援助を行う

方法

  1. 患者データを入力する
  2. 患者にやや前傾姿勢になってもらい、台の高さを調節する
  3. 検査の説明を行う
  4. 内部の固視点を確認するよう促し、中心部を見つめるように説明する
  5. 撮影モードを選択する
  6. 測定光の入射位置を合わせる
  7. 断層画像の位置合わせをする
  8. 測定を開始し、結果の確認と保存を行う
  9. 5Lineの測定、Macuar cubeの測定を行い、5Lineの再確認を行う
    ※Macuar cubeはおよそ3秒間の測定だが、瞬きやわずかな視線のズレでも結果に影響がある
    ※5Lineモードはおよそ1秒間の測定で5枚の画像が得られるが、中央の1枚に黄斑部のへこみが確認できたらその画像を保存する
  10. 白黒反転処理を施行する

観察項目

  • 検査内容の理解度
  • 検査結果(画像)

アセスメント

  • 検査の特性を理解しているか
    • OCT(光干渉断層計)は、網膜(黄斑部)の形態を把握するために用いられるため、中心暗点などを起こす網膜~脈絡膜疾患、小視症、変視症、視力低下の診断に有用である
    • 数秒間・無散瞳・無痛で検査を行えるため、経過観察にも適している
    • OCTは網膜の断層画像の撮影が可能でり、性質を捉えることもできるため、網膜内の疾患(糖尿病網膜症、網膜-硝子体境界面の疾患など)や加齢黄斑変性症などの診断が簡単に行える
    • OCTだけでも網膜前膜の診断はできるが、網膜色素上皮前後や網膜内で起こる異常は、眼底写真も併用し、総合的な判断をすることが大切である
    • 異常所見(出血、白斑、浮腫SRD、PEDなど)が、カラー写真やFAG写真の所見と一致しているかどうかを確認する
黄斑部の断面を撮影することができても、病変部位を正確に撮影することは困難なため、沢山の経験を積むことが必要である

検査結果の見方

  • 黄斑部の陥凹
    • 陥凹の有無を確認する
  • IS/OSライン
    • IS/OSラインとRPE(網膜色素上皮層)に不整や欠損がないかを確認する
  • 網膜厚マップ
    • ILM~ RPE(黄斑部全体の網膜厚)を表示している
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に関しては本記載内容とは対応が異なりますので、必ず各病院ごとに作成されている感染症ガイドラインに従ってください。
本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
※コンテンツの日付け表記ついて「公開日…ページを公開した日」、「最終更新日…情報を更新した日」、「変更日…システムやデザインの変更を行った日」をそれぞれ指します。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト3

転職しようかな…と考えている看護師の方には、以下の転職支援サービスの利用がおすすめです。

  • 看護roo!(カンゴルー)
    ● 当サイト人気No.1!
    ● 利用者満足度は96.2%
    ● 関東/関西/東海エリアに強い
    ● 病院のほか資格が活かせる求人も豊富
    公式サイト 口コミ・詳細
  • 看護のお仕事
    ● 求人数トップクラス
    ● 累計利用者数は40万人突破!
    ● 病院求人多数
    ● がっつり働きたい人におすすめ
    公式サイト 口コミ・詳細
  • マイナビ看護師
    ● CM多数!大手転職支援サービス
    ● 全国各地の求人をカバー
    ● ブランク・未経験OK求人が多い
    公式サイト 口コミ・詳細

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

ナースハッピーライフを通じて転職支援サービスに登録いただくと、売上の一部がナースハッピーライフに還元されることがあり、看護技術の記事作成や運営費に充当することができます。応援お願いいたします。

当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE