眼科特有の器械7 レーザー光凝固装置

眼科特有の器械7 レーザー光凝固装置【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 眼科特有の器械を理解し、適切に扱う

器械の特徴

  • クリプトンレーザー、アルゴンレーザー、半導体レーザー、ダイレーザー(色素レーザー)などがあり、それぞれ特有のレーザー光波長がある
  • レーザー光線は、破壊による切除、切断や、組織を熱凝固することで生じる療痕形成(光凝固)によって治療効果が得られる

使用の実際

代表的な使用用途:組織の熱凝固、組織の切除・切断

必要物品

  • レーザー光凝固装置

方法

  • 通常のレーザー治療の場合、細隙灯顕微鏡に組み込まれているレーザー装置に、目的のレーザー出力、照射時間、照射径などを設定した上で行う
  • 新生血管抑制
    • 網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症、ぶどう膜炎、網膜血管炎などの症例で、新生血管の鎮静化や発生予防を目的として行う
    • 未熟児網膜症の進行例においては、網膜周辺部の血管がない部分にレーザー照射を行い、増殖性変化を抑制する
  • 異常血管の直接凝固
    • 加齢黄斑変性、網膜細動脈瘤、特発性脈絡膜新生血管、網膜毛細血管瘤などの症例で、異常血管の凝固による血管の閉塞・組織液の血管からの漏出防止の目的で行う
  • 黄斑浮腫の軽減
    • 網膜静脈閉塞症や糖尿病網膜症で黄斑部に浮腫がある場合、浮腫の軽減を図る目的で黄斑部網膜にレーザー照射を行うことがある
  • 網膜剥離予防
    • 網膜に裂孔が生じると、その部分から網膜剥離が起こるため、裂孔周囲の網膜に対してレーザー凝固を行う
    • レーザーによって網膜色素上皮と網膜との間に搬痕癒着が起こり、網膜が剥がれにくくなる
  • 緑内障治療
    • 頻度が高いのはレーザー線維柱帯形成術とレーザー虹彩切開術である
    • レーザー線維柱帯形成術:レーザーを線維柱帯に照射し、房水の流れを改善することで眼圧下降効果を期待する治療法
    • レーザー虹彩切開術:急性原発閉塞隅角緑内障の予防などで虹彩の周りにレーザーで穴を開けて、房水の流れを改善させる治療法
  • レーザー治療の主な目的は失明回避、予防、視力維持であり、視力改善ではない
  • 術前に治療目的、合併症、治療効果、予後などについて患者に説明を行い、同意を得ることが必要である

注意点

  • 治療中はレーザー光線を直接見ないように注意する
    ※健常者の眼に不用意にレーザー光線が照射されると、角膜の熱傷や網膜への影響など、思わぬ事故につながるため

 

本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!