コ・メディカル

コ・メディカル【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

こ・めでぃかる

用語の意味

一般的に、医師もしくは看護師を除いた医療従事者全般(理学療法士や作業療法士、薬剤師、検査技師、救急救命士など)を呼ぶ名称です。「大辞林」では看護師はコ・メディカルスタッフには入っていませんが、人によっては看護師もコ・メディカルスタッフと呼ぶ場合があります。

近年は医療技術の発達や法律の改正によって、医療業務が多岐に分かれて様々な名称の医療従事職が生まれています。このことによって、医療現場でのチームの連携が必要不可欠となり、協力関係をよりいっそう高められるように、全体の名称が必要とされて誕生した名称です。

以前は英語名称の「paramedic」または「paramedical staff」にちなんでパラメディカル、パラメディカルスタッフと呼ばれていましたが、接頭語を「協同」の意味を持つ「co-」に置き換えたコ・メディカルと呼ぶようになり、最近はこちらの名称が主流になってきています。ちなみにコ・メディカルは和製英語なので、英語での意味は存在しません。コメディや、コメディカルスタッフと表記することもあります。

転職を考えている方へ

転職先を決める際は、給与・待遇などの労働条件や労働環境、仕事内容なども含め、総合的な情報を元に判断する必要があります。

情報は、インターネットや情報誌などからも得ることが可能ですが、一番重要なのは、情報の「信頼度」です。

「ナース専門の転職サイト」は、総合的な情報が多いため非常に効率よく情報収集ができ、信頼度も高いため、一度は登録しておいて損はありません。

また、登録をすることにより、非公開となっている求人を閲覧することもできます。

転職専門のコンサルタントは、個別的な相談にも応じてくれ、一般では知り得ない情報や、就職に向けて採用されるための面接のポイントや履歴書の書き方なども丁寧に教えてくれます。

更に、転職先の職場と待遇面などの交渉もしてくれますので、一度、登録をしてみてはいかがでしょうか。

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

コ・メディカルとは=ドクターと看護師以外の医療従事者という意味になりますね。
この中には救急コメディカルもありますし、眼科コメディカルというのもあります。これは眼科検査員、眼科の診療補助員という事ですね。

私も看護師はコ・メディカルに属すると思っていたんですが実はそうではないんですね。
昔はドクター以外の医療従事者の事をパラメディカルと呼んでいました。
パラメディカルの場合はドクターの補助、医師の指示に従う的な意味合いでしたが、コ・メディカルの言葉により対等に共同して医療を行うチームに変貌を遂げたのです!!
それだけ医療に関わる専門職が増えたという事なんでしょうね。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE