リスクマネジメント

リスクマネジメント【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

りすくまねじめんと

用語の意味

一般企業において事故や何らかの不手際が生じた場合、「謝罪・調査結果の報告・原因の分析・改善策の考慮・処分」という姿勢が求められます。このような対応・姿勢が不十分だと世間から判断された場合、その企業のトップは責任を追及されることになります。信頼・安心感の上で初めて成り立ち、しかも事故によって人の健康や生命に重大な影響をもたらす可能性を持つ医療業界においても、一般企業と同様かそれ以上に迅速・的確な対応が重要となります。

医療業界におけるリスクマネジメントの目的は「事故防止活動を通して、組織の損失を最小に抑え、『医療の質を保証する』こと」(日本看護協会編:「組織で取り組む医療事故防止」より)とされています。医療従事者は医療の質を向上させる努力をして社会に還元させるという役割があり、この医療の質を保証・向上するためには、患者や家族の障害や経済的損失、病院の信頼の損失を最小限に抑えることが必要不可欠となります。

対象が人間である医療業界では、治療行為の不確実性の問題や人的ミス(ヒューマンエラー)が必ず付きまといます。科学技術の進歩とともに成長し続けてきた医学・医療技術と言っても、実施するのも受け手である患者も人間です。人の手を介して行われる全ての行為は物理的環境の他、人的環境・個人の感情などの影響を受けやすいという特徴があるからです。しかし、このような特殊性を持つことを理由に医療現場で起きたヒヤリハット(ニアミス)や医療事故を隠蔽・否認することが許されるわけではありません。各部署に配置されたリスクマネージャーを中心に、事故が実際に起きた時の対処とともに事故を引き起こす可能性があるものを特定・評価・対応し、事故を予防しなくてはなりません。また現場で実際に起きたヒヤリハットやアクシデントの報告をもとに、各医療機関が組織的にこの問題に向き合わなくてはなりません。現在はほとんどの医療機関ではミスや事故が起きた時に速やかに各部署のリスクマネージャーに報告し、その経緯と実際の対処・改善策などの分析結果を事故防止委員会に提出することが決められています。

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

看護師にとってのリスクマネジメントの具体策として思い浮かぶのは、ヒヤリ・ハットノートではないでしょうか??
実際の業務中にミスしそうになったミスをした(これは始末書か…)その名の通りヒヤリ!!ハッ!とした時にその出来事を記録に残して共有しておく行為ですよね。
企業ではリスクマネジメントの基本方針として事前に想定されるだろうリスクをアセスメントしてして計画を立てる⇒マニュアルの様なものを作っていたりしているようです。

また、医療リスクマネジャー(MRM)という認定資格もあって今現在チャレンジしている看護師(リスクの多い仕事だからね)も多いようですよ!!

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE