動悸患者のケアのポイント

動悸患者のケアのポイント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 動悸のある患者に適切なケアを行う

観察項目

  • 動悸の程度
  • 脈拍数
  • 背景疾患(既往歴)の有無

アセスメント

  • 通常、心臓の鼓動や拍動は自覚していないが、動悸がある場合は、鼓動・拍動やその乱れを自覚する場合がある
  • 動悸の自覚症状には個人差があるため、同じような不整脈が起こった場合でも、動悸を自覚しやすい人もいれば、全く自覚しない人もいる
  • 心因性の動悸の場合、安静時に頭痛・めまい・不安などを伴うことが多い
  • 原因としては、1回拍出量の増加、心拍数の増加、不整脈などが挙げられる

動悸が起こる主な疾患

循環器疾患

  • 不整脈性
    • 頻脈
    • 徐脈
    • 期外収縮
  • 非不整脈性
    • 心不全
    • 高血圧
    • 器質性心疾患

非循環器疾患

  • 高心拍出状態
    • 発熱
    • 貧血
    • 甲状腺機能亢進症
  • 交感神経興奮
    • 低血糖
    • 褐色細胞腫
  • パニック障害
  • 過換気症候群
  • 心臓神経症
  • 生理的原因
  • 精神的興奮、運動など

自覚症状と、疑われる疾患

  • 胸がパタパタと躍るような感じあるいは早鐘を打つような感じ:心房細動、心房頻拍、洞頻拍など
  • 心臓が一度停止したような感じの後、飛び跳ねる感覚:期外収縮
  • 心臓が大きく首で打つような感じ:洞徐脈、房室解離、完全房室ブロックなど

看護のポイント

  • 動悸の現れ方や強さなどにより、適切なケアを検討し、場合によっては医師の指示を仰ぐ
  • 動悸の感受性には個人差があることを念頭に置き、患者からの訴えが無い場合でも原因となる背景疾患の有無などを考慮し、バイタルサインなど適切な観察を行う
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!