WPW症候群患者への対応

WPW症候群患者への対応【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • WPW症候群患者に適切な対応を行う

疾患の概要

  • 直接的に心房と心室とをつなぐ副伝導路(主にKent束)があることにより、心室の早期興奮が起こる病態のことを指し、心房細動(AF)や房室回帰頻拍(AVRT)を引き起こされる
  • 副伝導路が存在している場所によって、A~C型の3種類に分類される
    • A型:副伝導路が左房と左室を結んでいる場合
    • B型:副伝導路が右房と右室を結んでいる場合
    • C型:副伝導路が中隔に存在している場合

治療

  • AFを合併している場合はNaチャネル遮断薬の静脈注射を行う
  • AVRTを合併している場合は迷走神経刺激法を行い、効果が見られない場合はカルシウム拮抗薬あるいはATPの静脈注射を行う
AFを合併している症例の場合、カルシウム拮抗薬、ジギタリスの投与は禁忌である
  • AF、AVRTの両者ともに血行動態が不安定な状況の場合は、カルディオバージョンの施行を検討する
  • 根治療法としてはカテーテルアブレーションを施行する
  • 基本的に、発作が認められない場合は経過観察をする

観察項目

  • 動悸の有無
  • 脈拍・心拍数

アセスメント

  • 心電図上、PQ間隔短縮、QRS間隔の延長、デルタ波が認められる
発作時の心電図においては心房細動(AF)、房重回煽頻拍(AVRT)が認められる

合併症

  • 発作によって、AF、AVRTが引き起こされる

AF(心房細動)の合併

  • 偽性心室頻拍と呼ばれる特殊な心電図像が見られる
  • 心室に、心房の興奮が伝わる経路が2つあるため、副伝導路を主体として興奮が伝わるとQRSの幅が広がり、心室頻拍(VT)の様な波形になる
  • 通常のAFとは違い、心房の興奮は副伝導路を介して非常に速く心室へと伝わるために高度の頻脈が起こるだけではなく、VFへと移行して死に至る危険性もある

AVRT(房室回帰頻拍)の合併

  • 副伝導路(ケント束)を介するリエントリー頻拍が見られる
  • 心室から心房の順に興奮するため、逆行性P波が認められる
  • 副伝導路を経由した早期興奮が起こらなくなるためデルタ波は消失する
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!