不安定狭心症患者の治療とケア

不安定狭心症患者の治療とケア【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 不安定狭心症の患者に適切なケアを行う

観察項目

  • 虚血性心疾患の既往の有無と家族歴
  • 前胸部、胸骨後部痛の有無と症状が起こるパターンと持続時間(通常は数分から20分程度)
不安定狭心症の場合、胸痛は安静時・労作時を問わない
  • 頸部、下顎、左肩または左腕両肩、心窩部の放散痛の有無

検査

  • 治療方針の決定および他の疾患との鑑別を行うため、以下の検査を行う
    • 発作時・安静時心電図
    • 心エコー
    • 胸部X線撮影
    • 血液検査(生化学的マーカーなど)

治療

発作時

  • 現在のリスク評価を行うとともに、狭心症発作や心筋梗塞を予防する
  • 硝酸薬の舌下投与、アスピリン咀嚼服用、ヘパリン静脈注射など

心筋梗塞のリスクが中等度~高い場合

  • 冠動脈造影(CAG)および経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を検討し、可能であれば実施する

 

リスク高

  • 胸痛は安静時に起こり、20分以上継続し、48時間以内に増悪がみられる
  • ST下降、持続性心室頻拍、左脚ブロックの新規出現のほか、血圧低下・除脈や頻脈などがみられる

リスク中

  • 胸痛は安静時・夜間に起こり、20分程度の既往があっても現在は消失している
  • T波の陰転、異常Q波の朱柘植などが認められる

心筋梗塞のリスクが低い場合

  • 胸痛は労作時に起こり、徐々に増悪傾向があるが、20分以内に消失する
  • 抗凝固薬・抗血小板薬・抗狭心症薬(硝酸薬・Ca拮抗薬・β遮断薬)・スタチンの投与
  • リスク評価を行いながら、狭心症発作あるいは心筋梗塞の防止を目的とする
出血性合併症がある場合は、アスピリンの使用は禁忌である

 注意点

  • 不安定狭心症の治療は、ACC/AHAガイドラインのリスク分類を基にリスク判定を行うが、以下の条件が1つでも当てはまる場合はランクを1つあげるよう考慮される
    • 脳血管・末梢血管障害
    • CABGおよびPCIの治療歴
    • アスピリンの服用歴
    • 陳旧性心筋梗塞の既往
    • 75歳以上
    • 糖尿病
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!