MR

MR【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

えむ・あーる

用語の意味

MRとは医薬情報担当者(Medical Representative)ともいい、医薬品の適切な使用法を医療従事者を訪問する等して、医薬品の情報を提供したり、または収集して報告することが主な業務です。

一般的にMRは製薬会社に属していて、自社製品の情報を伝えることなので、製薬会社の営業職にあたります。ただし、他の営業とは違い、販売促進では無く薬剤の情報提供と収集活動です。またOTC医薬品や医薬部外品はMRの対象外とされています。

そのほかにも、自社製品に関する緊急な安全な情報を医療従事者に直ちにかつ正確に伝達する伝達すること、医療関連機関からのクレームに対応して自社に報告すし改善結果を報告すること、治験の進行に協力することなどがあります。

MRになるためにはMR認定資格という資格を持つ必要があります。これは、最低限の知識について確認する試験で、5年に1度更新が必要です。MR財団法人医薬情報担当者教育センターによって行われています。MR認定書が無くても仕事をすることは可能ですが、ほぼ全ての製薬会社が全MRの受験を申し込んでいるため避けては通れません。

そんなMRですが、現在日本に6万人います。

転職を考えている方へ

転職先を決める際は、給与・待遇などの労働条件や労働環境、仕事内容なども含め、総合的な情報を元に判断する必要があります。

情報は、インターネットや情報誌などからも得ることが可能ですが、一番重要なのは、情報の「信頼度」です。

「ナース専門の転職サイト」は、総合的な情報が多いため非常に効率よく情報収集ができ、信頼度も高いため、一度は登録しておいて損はありません。

また、登録をすることにより、非公開となっている求人を閲覧することもできます。

転職専門のコンサルタントは、個別的な相談にも応じてくれ、一般では知り得ない情報や、就職に向けて採用されるための面接のポイントや履歴書の書き方なども丁寧に教えてくれます。

更に、転職先の職場と待遇面などの交渉もしてくれますので、一度、登録をしてみてはいかがでしょうか。

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

MRというと…MRワクチン(はしかと風疹の混合ワクチン)を思い浮かべますが、今回はMR(医薬情報提者)さんです。
MRさんは、昔の所でいうプロパーさんですね(MRさんとは役割は違っているようですが…)
すごーく簡単に言えば、薬の説明や副作用正しい適正方法を伝えたり、治験等で活躍する人ですね。でも結局は営業マン!!
出没場所は病院の外来ということになるでしょう。ドクターの休憩時間を狙って出没するのが特徴ですね。
昔は良くご機嫌伺いに何人も来ていたのを思い出します(先生と話すために行列待ちでしたよね)
以前は、ドクターや看護師の接待=MR(プロパー)という図式が成り立っていたが、今ではとんと見なくなりましたね不景気なのか??陰でしているのか??
又、看護師には、薬剤名が書かれている指示棒やボールペン等‥製薬会社のおまけ的な製品が大量に配られていた。
これも最近は、たまにしかくれなくなりましたね(やはり不景気)結構重宝していたので残念です…。

MRさんの転職、求人状況はというと、MR認定資格を持っていて尚且つ経験があれば結構豊富にあるようだが、今後はMRの求人数が少なくなる見通し立っていると言われている。
MRさんの大元は製薬メーカー(企業!!)派遣MRなるものも存在しているので、やはり不景気ということを物語っている…。

このページを友達に教える
「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE