フットケアの基本技術 爪の肥厚・陥入爪のケア

フットケアの基本技術 爪の肥厚・陥入爪のケア【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 爪の肥厚・陥入爪による皮膚の損傷や感染を予防することができる

方法

ケアには損傷のリスクを伴うため、適切な研修をうけた看護師が、医師に相談しながら、新たな損傷等を作らないように注意しケアを行うことが重要である

爪の肥厚

肥厚の種類

  • 爪甲が厚みを増しているもの(加齢による乾燥が原因)
  • 爪甲下の角質が増殖し肥厚して見えるもの(白癬やカンジダなどが原因)
  • 遺伝が原因のもの

使用物品

  • 爪切り・ニッパー・爪やすり・電動やすり

ポイント

  • 1度に削りすぎないよう少しずつ削る
  • 仕上げにやすりをかけて引っかかりをなくす
  • 白癬が原因の場合は、白癬の治療を行うことが肥厚を防ぐため、皮膚科受診が必要である

陥入爪

  • 陥入爪は、爪の先端の角が軟部組織にくい込み炎症を起こす状態で、壊疽を起こすこともある
  • 原因は、靴による圧迫や深爪の繰り返しが多い
  • 発赤や疼痛を生じ、感染することもある
  • 壊疽を予防するため、速やかな処置が大切であり、皮膚損傷や感染の有無を注意深く観察する
  • 爪の巻きを和らげるため、爪の内側から薄い爪やすりをいれ削る
  • 陥入が強い場合や疼痛が有る場合は皮膚科医に相談する必要がある
  • 陥入爪を予防するため、爪の切り方やきつい靴を履かないよう指導する

陥入爪が軽度の場合のコットンテクニック

  • 必要物品:鋭匙・綿(コットン)・テープ
  • 方法:圧軽減のため、陥入部分を少し掘り起こしてその部分に少量の綿を挿入し、テープで固定する
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!