特定保健用食品

特定保健用食品【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

とくていほけんようしょくひん

用語の意味

特定保健用食品は、(俗にトクホという)健康食品という健康増進・保持に役立つ機能があると学術的な認識とは違い、社会的な認識で他の食品と区別される一群の食品の総称です。

一部の食品の機能が行政の認定を受けたものを保険機能食品と呼ばれ、業界団体 日本健康食品協会が、厚生省の指導で基準を設定し、保険機能食品制度が認められ、国の定めた基準をクリアした食品の事を保険機能を表示できるようになり、科学的根拠を提出し表示許可の下りた食品をいいます。一般的には、飲み物や粉末、サプリメントなどの錠剤やカプセルなどの医薬品です。

しかし、いくら国が認めたとはいえ、食品なので、自分にはどの程度の健康が必要なのか考慮して選び、一日の摂取量や目安を厳守しましょう。

またトクホ自体も国が認めたというレッテルがありますが、科学は日々進歩するので、その安全性や危険性、有効性なども日々変化しています。
特に有名なのが、2009年のエコナ事件です。トクホを獲得していた食用油から発癌性物質が生成されるという危険性があったため、製造元の花王がトクホを取り下げました。

これは海外では危険性があるとして国内より数年も前に注意を促すなどの措置を既に行っていた商品であるにもかかわらずです。このように日によってよいとされていたものが逆に悪影響ということもありえるのです。ですから、認定に関わらず、自分で調べ、自分で決めるということが求められています。

 

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

特定保健用食品(トクホ)は近年多くなりましたね。どうやら全製品900品以上にも及ぶようだ。特定保健用食品の表示をするには、各都道府県で申請をし、そこから国に対して申請し、認められればあの「人が伸びている」ようなマークが付けられることになります。なぜ国がこのような制度を取り入れたかと言えば、やはり平成3年に栄養法が改正されたからでしょう。企業は、これまで「これは血圧に良い食品ですよ!」という謳い文句で、商品を売ることがゆるされなかった。だからこの制度は画期的!と言えばそうなのだろう。

しかし、私は思ってしまうのだ。一覧を見てみても、整腸効果、血圧、コレステロール、歯、骨に関わるものまで、自分のライフスタイルに合わせて取り入れるのなら効果的といっても良いのでしょうが、あまりこればかりに頼り過ぎるのはどうかなあ…と思っているのです。中には、「これ飲んでるから薬飲み忘れてもいいのよ」なんて患者さんも実際にいる!!それは違う違うと突っ込みを入れたくなるのです。

トクホ製品だからといって安心して、摂取量を守らず過剰に服用したりと、正しい認識を持っていない人がいるのも事実。是非正しい認識を持って服用してほしいですね。!

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE