静脈炎・血管外漏出のアセスメント

静脈炎・血管外漏出のアセスメント【いまさら聞けない看護技術】

目的

静脈炎・血管外漏出において、ツールを用いて統一されたアセスメントを行える

 アセスメントスケール

静脈炎スケール(アメリカ輸液看護師協会・INS)

グレード

  • 0  症状なし
  • 1   疼痛を伴う、または伴わない刺入部の紅斑がある
  • 2  紅斑または腫脹、あるいは双方を伴う刺入部の疼痛がある
  • 3  紅斑または腫脹、あるいは双方を伴う刺入部の疼痛がある、静脈に沿った触知可能な索条の硬結がある
  • 4  紅斑または腫脹、あるいは双方を伴う刺入部の疼痛がある、静脈に沿った2.5cm以上の触知可能な索条の硬結がある、排膿がある 

静脈炎モニタリングスケール

程度  

  • 0:刺入部が正常である → 静脈炎の徴候なし、注射針を観察する
  • 1 :次のうち1つ以上が明らかに観察される
    • 刺入部付近の軽度疼痛、軽度発赤

  → 静脈炎第1徴候であるため、注射針を観察する

  • 2:次のうち2つ以上が明らかに観察される
    • 刺入部の疼痛、紅斑、腫脹

  → 静脈炎の初期である、注射針を差しかえる

  • 3:すべてが広範囲で明らかに観察される
    • 注射針に沿った疼痛、硬結、紅斑

  → 中等度の静脈炎であり、注射針の差し替えと処置を検討する

  • 4:すべてが広範囲で明らかに観察される
    • 注射針に沿った疼痛、硬結、紅斑、静脈の策状硬結

  → 血栓性静脈炎の初期か、増悪期の静脈炎であり、注射針の差し替えと処置を検討する

  • 5:すべてが広範囲で明らかに観察される
    • 注射針に沿った疼痛、硬結、紅斑、静脈の策状硬結、発熱

  → 増悪期の静脈炎であり、注射針の差し替えと処置を行う

血管外漏出スケール(アメリカ輸液看護師協会・INS)

 グレード

  • 0:症状なし
  • 1:蒼白な皮膚・冷感 

  → 2.5cm未満の浮腫がある、疼痛の有無は問わない

  • 2:蒼白な皮膚・冷感 

  → 2.5~15cmの浮腫、疼痛の有無は問わない

  • 3:透けてみえる蒼白な皮膚・冷感・しびれ

  → 15cm以上の浮腫、軽度から中等度の疼痛

  • 4:透けてみえる蒼白な皮膚、皮膚に変色・皮下出血・腫脹、皮膚に深い圧痕をつくる浮腫、血液製剤・イリタントまたはビシカント製剤の漏出(量は問わない)

  → 皮膚が硬くなる漏れ、15cm以上の浮腫、中等度から重度の疼痛、循環障害

 

統一されたアセスメントツールを使用することで、観察の視点が統一され患者へのケアを実践しやすくなる
静脈炎の発見後48時間以上はその部位を観察する
スケールを用いて評価・記録を行い、さらに静脈炎の状況を写真に残しておくと変化を把握しやすい
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!