術後離床時の合併症とケアのポイント

術後離床時の合併症とケアのポイント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 術後離床時の合併症とケアを理解し、早期離床を安全に促すことができる

早期離床の重要性

  1. 呼吸器合併症を予防する
    • 術後は創痛などにより横隔膜の動きが抑制される
    • 早期離床をすることで、横隔膜が下がり肺胞でのガス交換が促進され無気肺を予防する
    • 術後は痰をうまく出せず肺炎を起こすことがあるが、早期離床をすることで呼吸運動を促し気道内分泌物の排出を促す
  2. 循環合併症を予防する
    • 早期離床をすることで静脈のうっ滞を防ぎ、深部静脈血栓症や肺血栓症を予防する
  3. 消化管合併症を予防する
    • 胃切除や腸切除では、腸の蠕動運動が一時的に停止する術後腸管麻痺が起こる
    • 早期離床をすることで、腸の蠕動運動を促し腸管麻痺からの回復を早める

離床時の合併症

  1. 起立性低血圧
    • 起立時に血圧調節反射が正常に働かず、立ちくらみや失神を起こすことがある
  2. 肺血栓・塞栓症
    • 深部静脈血栓症や肺血栓症を起こした場合、突然の呼吸困難・胸背部痛・頻脈・SpO2低下・失神・意識レベルの低下・ショックなどがみられる
    • 重症な場合は、致死的になることがある
  3. 不整脈
    • 術後乏尿期は循環血液量の不足により頻脈になりやすい
    • 術後利尿期は低カリウム血症により心室性期外収縮(PVC)を起こしやすく、進行すると心室頻拍(VT)を起こす可能性がある

 ケアのポイント

  1. 起立性低血圧
    • 術後の離床は急に起こすのではなく、段階的に進めていく
    • 特に、端座位で下肢を下垂させるとき、立位になるときは注意をする
    • 初回離床時は必ず看護師が付き添う
    • 起立性低血圧の症状が出現した場合は、すぐに臥床を促しバイタルサインを確認する
  2. 肺血栓・塞栓症
    • 初回離床時は必ず看護師が付き添い、心電図モニター・SpO2の監視を行う
    • 肺血栓・塞栓症の症状が出現した場合は、ベッド上安静としバイタルサインを確認、医師に報告する
    • 呼吸状態により、酸素投与や気管内挿管による呼吸管理が必要な場合があるため、速やかに準備を行う
  3. 不整脈
    • 初回離床時は必ず看護師が付き添い、心電図モニターの監視を行う
    • 不整脈が出現しやすい状況での活動負荷時は注意する

 離床の進め方

  1. ベッド上での運動
    • 深部静脈血栓症の予防のため足関節の屈曲・伸展運動は麻酔覚醒時より開始する
  2. 頭部挙上
    • 30度位から開始し、バイタルサインの変動がなければ90度まで挙上する
    • ドレーンやチューブを引っ張っていないか注意する
  3. 端座位
    • 90度頭部挙上でバイタルサインの変動がなければ下肢を垂らし端座位をとる
    • 患者の背部を支え
      ドレーンやチューブが抜けないよう注意する
  4. 立位・足踏み
    • ゆっくり立位になり、その場で足踏みを促
      転倒に注意する
  5. 歩行
    • 歩行中はドレーンやチューブを抜かないように注意し、安全に歩行できるよう援助する
      初回歩行時は必ず看護師が付き添いバイタルサインの変化に注意する
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!