AHI

AHI【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

えー・えいち・あい

用語の意味

Apnea Hypopnea Indexの頭文字からきている名称で、日本語表記すると無呼吸低呼吸指数となります。睡眠時無呼吸症候群の症状の重さを判断するための指数です。

患者が一晩眠る間に発生している低・無呼吸の合計回数を時間数で割ることで、一時間あたりの低・無呼吸の回数を算出し、この数値がAHIとなります。

AHIの値が5以上になると睡眠時無呼吸症候群と診断され、16~30を中程度、301~45を重症、46以上になると最重症患者となります。

このAHIの数値は健康保険適用に関わるもので、AHIが中程度以上の患者はCPAPなどの治療器を利用する際に健康保険が適用されます。

低呼吸(Hypopnea)と無呼吸(Apnea)の違いは、停止時間が10秒以下か10秒以上かにあります。

低・無呼吸の回数と時間は、入院型のPSG検査や簡易キットを用いて自宅での検査によって得られたデータを用いて算出できますが、自宅などで検査する場合睡眠中の寝返りなどで検査機器が外れる場合などがあり、専門スタッフがモニタリングしているPSG検査の方がより正確にAHIを算出できます。

 

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

AHIは無呼吸低呼吸指数の重症度を調べる指数ですね。一般的にはSAS等の症例時に使われていますね。これは、患者の睡眠時の低・無呼吸の合計回数を時間数で割って、一時間あたりの低・無呼吸の回数を算出した値がこの指数となります。

通常の流れとしては⇒症状で受診⇒簡易検査⇒AHI指数算出⇒40以上なら重症(診断・治療)40未満ならPSG検査(診断・治療)⇒CPAP・マウスピースという感じでしょうか。また、 治療の効果を判定する際にもAHIを用いることが多く、CPAP療法下で睡眠ポリグラフ検査を行うと、このAHIの値が劇的に改善されているとのこと!!
しかしこの改善は表面的なものになるので、本格的治療となると継続的にCPAPを用いることになるでしょうね。私も子供が装着していたCPAP装置を見た事がありますが、以前は結構物々しかった印象がありましたが、今は本当コンパクトになって扱いやすくなりました(文明の利器!)

日本ではこのAHIの指数が30以上になる患者さんが多いようです。30以上になると重症とされていますが、他の疾患とは違って、治療によって確実に改善するので、あまり気にする必要はないようですけど。最も早期発見!!早期治療!!が重要となるということでしょうね。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE