地域連携クリティカルパス

地域連携クリティカルパス【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

ちいきれんけいくりてぃかるぱす

用語の意味

地域連携クリティカルパスとは、診療にあたる複数の医療機関が役割分担を含め、あらかじめ診察内容を患者に提示・説明することにより、患者が安心して医療を受けることができるようにする仕組みのことです。内容としては施設ごとの治療経過に従って、診療ガイドラインに基づき、診療内容や達成目標などを診療計画として明示します。

クリティカルパスとは、良質な医療を効率的、かつ安全、適正に提供する為の手段として開発された診療計画表のことです。1950年代のアメリカの工業界で導入され始め、1990年代に日本の医療機関に一部導入が始まった考え方です。診療の標準化、根拠に基づく医療の実施(EBM)、インフォームドコンセントの充実、業務の改善、チーム医療の向上などの効果が期待されます。

地域連携クリティカルパスは、院内で診療計画(院内パス)が作られている疾患で他の施設との連携が必要な疾患(大腿骨頚部骨折・脳卒中などリハビリを必要とする疾患や、糖尿病・ガンなどかかりつけ医と専門病院を定期的に循環する必要がある疾患など)に適応されます。
連携する施設は、対象疾患に応じて、計画管理病院、連携医療機関、介護保険事業所、保険薬局などがあります。院内パスには実際の業務や投薬について日ごとに詳しく記載、地域連携クリティカルパスには連携施設・支援者間で共有すべき重要な情報が記載されます。

地域連携クリティカルパスのメリットは、患者側には、かかりつけ医と基幹病院の主治医の双方が情報を共有することにより、継ぎ目のない診療を行なえ、検査項目や治療薬などの重複を避けられることです。
医療側では、救急性・専門病院の専念化、在院日数短縮化、診療プロセス標準化、非専門医の診療レベル向上、脱落患者の減少、施設間の説明不一致の改称、スタッフ間コミュニケーション向上などが挙げられます。

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

地域連携クリティカルパスとは、個人の疾患に合う(急性期~リハビリ期段階)における診療が滞りなく進むように診療計画を掲示するということになるのでしょう。
又、厚生労働省の定義によれば、患者の視点に立った診療を行うために、各医療機関が役割や分担を含めて、患者に対して診療内容を提示、説明して安心した診療計画が行えるものとされています。
尚、地域連携クリティカルパスの診療報酬は、脳卒中や癌、大腿頸部骨折などのそれぞれの疾患により点数が異なるようです。

実際に急性期で入院し回復が見込めて次の段階に向けてというと、転院先の問題や、今後に診療に関して不安を訴える患者さんも多かったですが地域連携クリティカルパスにより、明確に診療の道筋が出来るので、患者本人、家族のみならず私達送り出す側も安心ですよね!!
又、患者にとってトータル的な診療を安心して受けることが出来ますのでメリットはこの他にも沢山ありそうですね。
これからの医療の在り方としてはまさに理想的!!なのではないかと私は思うのです。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE