術後の全身状態の観察 呼吸・循環の管理

術後の全身状態の観察 呼吸・循環の管理【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 術後の呼吸・循環の管理の必要性を理解し確実に管理することができる

体温

  • 術後は低体温になりやすく、低体温が続くと循環障害が起こる
  • 低体温を防ぐために保温を行うことが重要であり、患者の状態に合わせて、室温や掛物の調整を行う
  • 必要に応じて、電気毛布などで十分に保温する

脈拍・血圧

  • 術後は、出血などにより血圧が低下しやすい
  • 出血量の観察・出血の性状・ドレーンからの出血量・浸出液の有無・輸液量・尿量などの観察が重要である
  • 検査データ・心電図モニター・血圧低下の徴候(チアノーゼ・四肢冷感など)の観察も合わせて行う

気道確保

  • 舌根沈下などの麻酔の影響や半覚醒状態での呼吸状況の悪化を防ぐため、気道確保が大切である
  • 呼吸数だけでなく、肺のエア入り(胸郭の動きの確認)や呼吸音なども観察する

酸素吸入

  • 術後は麻酔の影響で酸素投与をすることがある
  • 半覚醒状態なので無意識のうちに酸素マスクや経鼻酸素チューブなどを外そうとする言動がみられる
  • 確実に酸素投与が行われているか確認することが重要である

IN/OUTのバランス

  • IN(身体に入るもの)として、術前からの輸液や輸血・抗菌薬の点滴などがある
  • OUT(身体から出るもの)として、出血・不感蒸泄・排泄などがある
  • IN/OUTのバランスが崩れると、脱水症状や電解質のバランスが崩れる
  • 命にかかわることもあるので、経時的にIN/OUTの確認を行うことが大切である

 

本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!