心肺運動負荷試験の介助

心肺運動負荷試験の介助【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 心肺運動負荷試験の介助について理解を深める

概要

  • 心疾患がある患者が、心負荷を最小限に抑え、安全に長時間の運動ができるための運動の強さを調べる検査である
  • 糖尿病や高血圧などによる運動療法や、心臓のリハビリテーションを行う際の運動処方の作成時、心不全の治療効果を判定するときなどにも用いられる

方法

  1. 患者の胸部に心電図の電極を装着し、顔に検査用のマスクを装着してもらう
  2. 自転車エルゴメーターに乗り、定期的に血圧を測定しながら一定時間漕いでもらう

アセスメント

  • 心電図をはじめ、不整脈や血圧変動の有無、心拍数の変化、連続呼気ガスなどを分析する
  • 分析結果を総合し、運動耐容能の把握、運動処方などの作成を行う
心筋梗塞、重症の不整脈出現、死亡のリスクが、およそ2万回に1回程度あるが、それ以上にメリットが大きい検査である

注意点

  • 検査を行う前に、極度の空腹状態は避け、食事は検査1時間前に済ませてもらう
  • 検査前には15分以上の安静時間が必要であり、検査中は深呼吸・会話・咳払いはしないよう十分に説明する
  • 検査は医師・検査技師が行うので、看護師は患者の観察などを十分に行う
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!