上部消化管造影(MDL)検査の介助

上部消化管造影(MDL)検査の介助【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 上部消化管造影(MDL)検査の介助について理解を深め、適切に介助する

概要

  • 術前検査や検診などで幅広く行われる、造影剤(バリウム®など)を飲んで、胃・食道・十二指腸などの病変や形態を調べる検査である
大腸狭窄・穿孔や造影剤アレルギーがある場合、バリウム®の使用は禁忌である
  • 術前検査として行う場合は事前に病変の存在がわかっている場合、良性あるいは悪性の鑑別や悪性の場合は病変の範囲や深達度などを知ることが可能
  • 治療方針や手術の計画を立案する際に有用である

方法

前処置

  1. 検査の前日は軽い食事を摂り、21時以降は絶食とする
  2. 検査前日の就寝前下剤(プルゼニド®錠)を内服する
  3. 検査当日は、検査が終了するまで絶飲食とする

検査前

  1. 検査がスムーズに行うことができるよう、身に着けているもの(コルセットや補正下着、ネックレスや時計などの貴金属類)を外し、検査着に更衣してもらう
  2. 鎮痙薬(ブスコパン®など)を筋注する
    ブスコパン®は、心筋梗塞・前立腺肥大症・緑内障・甲状腺疾患のある患者には禁忌
  3. 発泡剤を内服する(胃を膨張させるため)
  4. 胃の粘膜にバリウムを効果的に付着させるため、バリウム®を飲んだ状態で、様々な方向に体位変換をしながら、検査台の角度を変えて検査する

後処置

  • バリウム®は時間の経過とともに固まる性質があり、腸内で固まるとイレウスなどを起こすリスクがある
  • 検査終了後は水分摂取を十分に行い、便排泄を促す
  • 排便の状況について確認し、場合によっては下剤を内服してもらうことがある

アセスメント

 観察項目

  • バイタルサインおよび全身状態
  • 腹痛、腹部膨満感、嘔気・嘔吐などの自覚症状の有無
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!