脱臼の予防

脱臼の予防【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 脱臼の予防について理解を深め、適切なケアを行う
    • 人工股関節全置換術後に怒りやすい合併症の1つ
    • 脱臼後の整復は難しいので、十分に注意する

観察項目

  • 激しい股関節の痛み
  • 患側の下肢の短縮(脚長差)
前方脱臼の場合、伸展・過外旋、後方脱臼の場合、内転・内旋・屈曲の肢位となる

治療

  • 脱臼の疑いがある場合は、レントゲン写真で確認を行う
  • 基本的には徒手整復を行い、一定期間の安静とする
  • 頻回に脱臼が起こる場合はギプス固定や装具装着を行い、改善が認められない場合は手術適応となる場合もある

アセスメント

  • 脱臼は、THA (人工股関節全置換術)後に起きやすい合併症の一つである
  • 脱臼の種類には前方脱臼と後方脱臼がある
    • 前方脱臼は股関節の外旋や伸展によって起こる
    • 後方脱臼は股関節を屈曲・内旋・内転することによって起こる
  • 手術のアプローチも脱臼に関与しているが、後方アプローチの方が脱臼率は高い
  • 脱臼しやすい肢位や動作があり、入院中や自宅退院後でも起こる危険性が高い
  • 入院中の場合はトイレの動作や車椅子への移乗時、転倒、退院後は入浴時やしゃがんだ姿勢で膝が内転したときや転倒などで脱臼するリスクが高くなる

看護のポイント

枕やバスタオルを使用した体位変換の方法

  • 術後に体位変換を行う場合、脚の間に何も挟まない状態のまま側臥位にすると患肢が内転・内旋の状態になり、脱臼の危険性があるため、必要に応じて枕や大きめのバスタオルを脚の間に挟む

ADLの指導

  • 術前から患者に脱臼しやすい肢位を説明し、自ら注意できるようパンフレットなどを用いて指導する
  • 退院後の安全な生活に向け、脱臼予防の指導を行う
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

修正:7839/看護roo!(カンゴルー) って、どんな転職サイト?
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!