インフォームドコンセント

インフォームドコンセント【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

いんふぉーむど・こんせんと

用語の意味

インフォームドコンセントとは、患者が治療を受ける際に病気や治療方針について医療提供者から十分な説明を受け、患者自身がその内容をしっかりと理解、納得した上で、自らの意思で治療法を選択・同意することです。

医療提供者と患者が治療方針、効果、副作用などを共有することで、互いに信頼関係をつくり、スムーズな治療を行います。厚生労働省はインフォームドコンセントを、より良い医療のために必要な手段として位置づけ、講習会の実施や医療従事者や患者の意識改革を促す施策を講じるなど、普及定着を図っています。

インフォームドコンセントは医師だけでなく看護師も充分に認識しておく必要があります。通常、患者への説明では、医師が主となりますが、日頃患者と接する機会の多い看護師も十分把握しておかなければなりません。検査や看護などにおいては、説明の補足を担う場合があるからです。

説明では、単なる病名や症状、予後の告知ではなく、検査や治療行為に伴う生活上の変化、療養のために利用可能な各保健・福祉サービスの情報、必要な費用なども含まれます(コメディカルとの情報共有が理想的)。
そのため看護師自身も、治療の目的・内容、治療のリスクとその発生率、患者の現状などを前もって十分に理解しておく必要があります。そこには、医学用語や外来語を分かりやすい言葉・表現に言い換える、プライバシーへの配慮などの工夫が求められます。
治療の同意を得るには、不必要な恐怖感を取り除くことが重要となり、そのため説明時及び説明後の患者の心理状態や理解度の把握や、悩んでいる・困っている患者の話を聞くなどのコミュニケーション能力も求められます。

つまり、インフォームドコンセントでは、看護師は医師の補助役にとどまらず、患者のサポーター、良き理解者になる必要があるのです。

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

インフォームドコンセントの意味は治療法等の正しい情報を得て同意するという意味になりますね。
同じような言葉で、インフォームドチョイス(オペなどに際しオペを受けるかどうかを患者に選択させるという言葉もあるんですよ!)これは患者の自己責任になりますが…。

最近の医療現場では、ドクターが細かく治療方針等説明する場面が多いですが(患者が理解しているかは不明だが)これは以前よりもマシになって来ているなと感じるこの頃です。
以前は怠慢的な「俺のやり方で治してやる」的なドクターも実際にいましたからね。

ここで、インフォムドコンセントの問題点についてですが、まずは同意能力のない患者に対してのインフォームドコンセントということになるでしょう。
それから、望まない告知、救急時のインフォームドコンセント、患者が治療を拒否した場合のドクターの倫理等結構な問題点が挙げられます。
どれをとっても、一概にインフォームドコンセントが適応されるかというと決してそうではないということが言え、結局の所は臨機応変にということになるのでしょうかね…。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE