マンガでナースあるある 【5】-それは尿採取口じゃない…

公開日:2014年10月31日
最終更新日:2014年10月31日
(変更日:2014年10月31日) ※

膀胱留置カテーテル挿入中の患者に対し、
尿培養検査などで滅菌尿を採取するときには専用の尿採取口をイソジンで消毒し、
針がついていない滅菌シリンジをそこに接続し、尿を採取する。

 

しかし!

3koma_005_1

尿を採取する予定が、この尿採取口と滅菌蒸留水注入のためのカテーテルを間違え、
滅菌蒸留水を抜いてしまう新人看護師が時々いる。

 

3koma_005_2

その結果…

必要な尿検査は行えず、間違った検査結果がでてしまうばかりか
膀胱留置カテーテルが抜けてしまうことがある。

 

3koma_005_3

カテーテルが抜けてしまうと、

尿量や尿の性状の把握が出来なくなり、
再挿入が必要な場合には再び患者に苦痛を与えてしまうことになります。

 

判断に迷った場合は必ず確認したり、先輩看護師の指示を仰ぎましょう。

 

本コンテンツは、看護師監修のもと、ページ公開時の調査、情報などに基づき記述されたもので、正確性や安全性を保証するものでもありません。実際の内容は各専門機関の最新情報をご確認いただきますようお願いいたします。
本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。
※コンテンツの日付け表記ついて「公開日…ページを公開した日」、「最終更新日…情報を更新した日」、「変更日…システムやデザインの変更を行った日」をそれぞれ指します。
「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE