厚生年金

厚生年金【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

こうせいねんきん

用語の意味

厚生年金保険とは社会保険制度のひとつで、一定の事業所に使用される労働者を被保険者とし、被保険者の老齢、障害及び死亡について保険給付を行ない、被用者やその遺族の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的としています。

厚生年金保険への加入が義務づけられる事業所は国・地方公共団体または法人の事業所や、個人経営で常時5人以上の従業員を使用する事業所など。加入が任意となる事業所は個人経営で従業員が5人未満の事業所などです。
厚生年金保険の被保険者は、適用事業所で働く70歳未満の人で、法律上の雇用契約の有無は必ずしも関係ありません。ただ、1ヶ月以内の日雇い労働者、2ヶ月以内の臨時使用人などは適用除外者となります。

厚生年金保険では、月収に加え賞与についても保険料と年金額に完全に反映される総報酬制によって保険料が徴収されます。なお、保険料率は毎年9月に0.354%ずつ引き上げられます。

被保険者期間は、月単位で計算されます。従って、被保険者となった日が月の末日でも、その月は1ヶ月とされ、反対に適用が除外された日が月の末日でも、その月は被保険者期間に算入されません。なお、被保険者資格の取得と喪失が同一月だった場合、その月は1ヶ月の被保険者期間とされます。また、同一月に資格の取得が2回以上ある場合は、1ヶ月として計算されます。

看護師も、勤務先に該当する年金制度に加入することになっています。看護師の年金は、勤務先によって以下のようになります。

  • 個人開業医……国民年金
  • 個人開業医(医療法人)……厚生年金
  • 民間医療機関……厚生年金
  • 国公立病院……共済年金(共済組合の組合員)

個人開業医のもとで働く場合、先生が1人でも医療法人化しているのであれば、厚生年金保険の適用となります。

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

年金といえば、日本では20歳になったら誰もが加入しなければならない国民の義務となりますよね。
年金は、会社員などが加入する厚生年金と自営業者等が加入する国民年金、公務員が加入する共済年金に分けられます。これは国が社会保障の給付として行う公的年金になります。
その他にも企業が従業員の定年退職後の生活を図る企業年金や個人で加入する私的年金等もありますね。

厚生年金は正式名称「厚生年金保険」で、社会保険の一種と考えられています。
厚生年金の場合はやはり、国民年金よりも後々の…給付額が多いので、やはり!!加入するのなら厚生年金の方が良いですね(払う額も多くなるけど…)
それに老後の事を考えると(年金制度が崩壊しなければ)就職の際は、国民年金なのか厚生年金なのか、はたまた共済保険なのか(国公立は試験があるからな…)も重要ポイントとしておいた方がよさそうだね!!

このページを友達に教える
「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE