国民医療費

国民医療費【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

こくみんいりょうひ

用語の意味

国民医療費とは医療機関などにおける、保険診療の対象となり得る傷病の治療に要する費用を、年度ごとに推計したものです。国民医療費に含まれるのは、病院・診療所・歯科診療所による診療費や入院費の他、老人保健施設療養費や薬局での調剤費、健康保険が適用される鍼灸治療費などです。ただし、医療費の範囲は傷病に限られるため、正常な妊娠や分娩、健康の維持・促進を目的とした健康診断・予防接種などの費用は含みません。また、患者が負担する入院時室料差額分、歯科差額分などの費用も計上されません。

国民医療費は年々増加傾向にあり、平成20年度は前年度比6725億円増の34兆8084億円でした。人口一人当たりの計算では27万2600円となり、これも前年度と比べ2%増加しています。国民医療費の国民所得に対する比率は9.90%(前年度9.02%)となっています。34兆8084億円のうち、患者負担は14.1%で4兆9141億円、公費で賄われたのは37.1%で12兆9053億円でした。

医療政策における重要課題のひとつとして、医療保険財政の健全化が上げられています。そのためには、医療の効率化推進に加え、医療費の中から「超過医療費」をくくり出し、圧縮することも必要だと言われます。超過医療費とは、特定の財・サービスの消費・利用がなければ発生しないと考えられる医療費のことで、例えば喫煙による喉頭がん、アルコール乱用による中毒症状、排気ガスによる喘息などがあります。2025年度には、喫煙・アルコール乱用・排気ガスによる超過医療費は約7兆4791億円になるとも言われます。その対策として、国民の健康づくり運動である「健康日本21」の推進などが図られています。

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

国民医療費は、一年間に医療機関で受診した医療費を年度単位で推計したもので、医療費の規模を表す代表的な指標となります。

なんと厚生労働省が調べた平成21年度の国民の医療費は36兆67億円!!これは平成20年度に比べて1兆1983億円増えており年3.4%も増加している…。
医療費の推移を見ても年々国民の医療費が増えていて、特に老人医療費の割合が上昇しています。これは高齢化社会の1つの現象と言えるのではないか。
だとしたらこれから超高齢化社会に突入したら…どんなことになるか…。

しかし国民医療費増加の対策として、国は生活習慣病の予防や保健指導・健診の促進等の医療制度の改革の取り組みを行っている。
それにこれから個人の負担額が増えていくのは避けられないかもしれない…。

このページを友達に教える
「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE