経鼻経管栄養チューブからの栄養剤注入

経鼻経管栄養チューブからの栄養剤注入【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 経鼻経管栄養チューブからの栄養剤注入について理解を深め、適切なケアを行う

必要物品・準備

  • 経腸栄養剤(医師の指示に基づいたもの)
  • 点滴スタンド
  • イリゲーター(投与用容器)
  • 経腸栄養剤専用の投与ルート
  • カテーテルチップシリンジ(30~50ml程度)
  • 約40℃前後の微温湯
  • 聴診器
  • 膿盆・ビニール袋
  • マスク
  • 未滅菌手袋
  • エプロン

方法

  1. 衛生学的手洗いの施行後、必要物品の準備を行う
  2. 細菌感染などによって起こる下痢などを防ぐため、清潔操作を意識し、事前にセットしておいた投与用容器に栄養剤を入れる
    ※製剤に直接ルートを接続するものもあるので、臨機応変に対応する
  3. 栄養剤を滴下筒に半分程度満たしてからクレンメをゆっくりと開き、ルートの先端まで栄養剤を満たす
  4. 患者にこれから行う経管栄養を開始することについて説明し、同意を得る
  5. 終了までには時間がかかるので、排尿などを事前に済ませてもらうようにする
    ※痰の喀出が多い場合は経管栄養を開始する前に吸引を行う
  6. 胃・食道逆流や誤嚥性肺炎を予防するため、坐位またはファウラー位に体位を整える
  7. 栄養チューブがしっかりと固定されているか、挿入の長さは適切かなどを確認する
  8. 口腔内でチューブがとぐろを巻いていないか確認する
  9. 胃内容物が逆流して栄養チューブからこぼれださないよう、チューブを折り曲げてクランプした状態で蓋を外し、カテーテルチップシリンジを接続する
  10. 10ml程度の空気をチューブから胃に通し、気泡音を確認する
  11. カテーテルチップシリンジで胃内容物の吸引を行う
    ※最初に注入した空気も一緒に回収する
  12. 投与ルートと栄養チューブの接続をしっかりと行い、外れることがないようにする
  13. ゆっくりと滴下を開始する
  14. 注入中に異常がないか確認する
    ※観察項目の項参照
  15. 注入が終了したら、クレンメを閉じ、栄養チューブと投与ルートの接続を外す
  16. チューブの閉塞や感染予防のため、カテーテルチップシリンジで20~30ml程度の微温湯を用いてチューブ内をフラッシュする
  17. カテーテルチップの接続部をはずした後、栄養チューブの蓋をしっかりとしめる
  18. 患者の衣服を整えた後、嘔吐や誤嚥を防止するため、30分から1時間は臥位にならないよう説明する

観察項目

  • 胃部不快感・悪心、嘔気、嘔吐、腹部膨満感、腹痛、下痢などの有無
  • チューブの固定の状態、接続部の外れの有無
  • 注入の速度は適切か
  • ルートのからまり、屈曲、ひっぱりの有無
  • 適切な体位を保持しているか

アセスメント

  • 注入開始時の注入速度は一般的に50ml/時程度とする
  • 嘔気・嘔吐、下痢などの症状がなkれば、1回あたり200~400mlを、1時間以上かけて注入する

 

本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!