認知症ケアの基本 2 本人の”のぞみ”を理解する

認知症ケアの基本 2 本人の”のぞみ”を理解する【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 認知症ケアの基本(望みの把握)について理解を深め、適切なケアを行う

”のぞみ”の見つけ方

  • 認知症の人に対しては、話の傾聴、承認を繰り返し行い、不安や思いを認め、支えていくことが重要である
  • 安心と信頼をもった関わり方をすることで、相手はケアする側に心を開きやすくなり、本心を語りやすくなるだけでなく、周辺症状の改善にもつながる
  • 「今、何をしたいのか」「どのようにありたい」のかなどの適切な質問で、相手の本当の望みを引き出す関わり方を行う
じっくりと話を聴き、受け止めながら質問をしていくことで、”のぞみ”が見つかりやすくなる

興味や関心事を見つける

  • ケアする側が認知症の人に対し、どんなことに興味を持ち、何に関心があるのかに注目して観察を行う
  • 本人の気分転換を図りながら、楽しさや喜びを引き出す関わりをしつつ、趣味や新しい挑戦事を促すことで興味や関心事が発見できる場合がある
昔の趣味や仕事に関し、これまでできていたことができなくなると、自尊心が傷つく場合があるので慎重に関わる

役割を担ってもらう

  • 人が役割をもって生きることは生きる糧となり、興味や関心のあることがその人の役割へとつながる場合がある
  • 本人の生活習慣や自分史、職業や趣味などをヒントにして関わると、その人に合った役割を見つけることが可能となる

男女別「関心度の高い役割」

男性

  • 新しい挑戦
  • 工作・工芸
  • 昔の仕事に関連する作業
  • 女性を守る など

女性

  • 掃除
  • 料理
  • 家庭菜園
  • 洗濯 など

上手に関わるポイント

会話が続くような質問をする

「私は何をやってもダメなんだ」

○:「そのように思う理由は何ですか?」
×:「そんなことないですよ」「そんな風に思わないでください」

気持ちを尊重する


「孫は元気にしているかなぁ・・・」

○:「お孫さんのことを大切に思っているのですね」「お孫さんのことが心配ですか?」
×:「お食事の時間なので移動しましょう」「あちらでテレビを見ましょう」

名前で呼ぶ

○:「△△です。□□さん、こんにちは」(自己紹介をしつつ挨拶をすることで警戒心が取れ、安心感につながる)
×:「おばあちゃん。こんにちは」(名前ではなく一人称で呼ぶのはNG)

発想の転換をする

(促しても水分を摂ってくれない)

○:どのような工夫をすれば、水分を摂ってくれるのだろう
×:どうやったら思い通りに水分を摂らせることができるだろう

アセスメント

  • 訴えや思いに耳を傾け、気持ちを尊重した関わりができているか
  • ケアする側の都合ではなく、相手の思いを組んだ行動がとれているか
  • 認知症の人が望んでいることをキャッチできるよう関心が相手に向けられているか
  • 本人がどう受け取るかに配慮したコミュニケーションがとれているか
  • 昔の趣味や仕事に関する内容=本人の興味・関心があることと決めつけをしていないか
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!