リンゴ病

リンゴ病【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

りんごびょう

用語の意味

リンゴ病とは頬に現れる紅斑を特徴とする流行性発疹性疾患です。正式には伝染性紅斑と呼ばれ、小児を中心に見られます。

病因は長く不明でしたが、1983年にヒトパルボウイルスB19であることが提唱され、その後の研究によって証明されました。

昭和56年からの感染症発生動向調査によると、ほぼ5年ごとの流行周期で、発生数の増加が見られます。

患者の年齢分布は5〜9歳が最も多く、ついで0〜4歳が多く発病しています。しかし、成人の発症もあり、看護師など病院内感染による集団感染事例の報告もあります。

リンゴ病は10〜20日の潜伏期間後、頬に紅い発疹が現れ、続いて手・脚にも発疹が出ます。これらは1週間前後で消えますが、長引いたり、短期間のうちに再び現れることもあります。

成人の場合は、関節痛、頭痛などの症状があり、関節炎により1〜2日歩行困難になることもあります。

リンゴ病は、紅斑などの典型的な症状がある場合、診断を誤ることは稀ですが、非典型例では風疹との鑑別が困難とされます。特に、成人の場合、発症しても典型的な発疹を伴う頻度が低く、風疹と誤診断されている例は小児より多いと推測されています。

リンゴ病は特別な治療法がなく、対症療法のみです。ワクチンも現在のところありません。

紅斑の時期にはほとんど感染力がなく、二次感染予防対策の必要はありませんが、ウイルス排泄期では、特徴的な症状を示さないために二次感染の注意が必要です。

妊婦などは、感冒様症状の者に近づくことを避け、万一感染した場合は胎児の状態を注意深く観察する必要があります。

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

リンゴ病は「ほっぺ」がリンゴみたいに赤くなるのでそう呼ばれていますよね(可愛い名前)
一般的に子供が掛る疾患で知られていますが、大人でもリンゴ病になることがあります(これは稀!!大抵子供の時に免疫を取得していますからね)
しかし、運悪く大人になって罹ってしまった場合には熱発や関節痛などの症状が伴うので、症状が重くなることがあります。
とくに妊婦さんの場合には流産の原因にもなり得るので注意しなければならないと言われていますね。

リンゴ病の頬の紅斑は写真等のネットでも公開されているように赤みの強さも模様も人それぞれに違いがあります。
それに罹患してもかゆみ止めの軟膏位で治療薬は無いですからね。経過観察でOK!!

子供が罹患した場合には以前は登園はダメ!!でしたが最近では普通に登校しても構わないようになった様です。それもそのはず「ほっぺ」が赤くなった時点で伝染する時期が過ぎているから…。
まぁあまり心配の要らない疾患の一つと言えるでしょうね。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE