要介護認定

要介護認定【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

ようかいごにんてい

用語の意味

介護保険制度において、①介護が必要な状態であるか、②必要であるならどの程度の介護をあてがうか、を判定することをいいます。主に寝たりきりや認知症の人たちを対象としますが、日常生活に支援が必要な人たちの中で、特に介護サービスが有効と思われる要支援者も含まれています。

要介護認定は、介護保険制度の利用者本人ないしその家族が各市町村に申請したのち、市区町村に設置されている介護認定審査会で判定されます。判定は2段階で行われ、1次判定では、専門の認定調査員による状況調査と主治医の意見書に基づいたコンピュータ判定によって行われます。その判定結果を基に、2次判定で保健・医療・福祉分野において高い知識を持つ学識経験者(5人ほど)で構成される審査会が、最終的な結論を出すことになります。判定は一律した基準に基づいて6段階で策定されています。最も軽い判定は「自立」。これは6段階の中に含まれず、介護サービスを受けることはできません。介護が必要と判定されたもので介護度が最も軽いのは「要支援1」で、その先は「要介護1(要支援2)」から「要介護5」までの段階があります。「要支援1」では月に6万4千円のサービスが受けられ、「要介護5」では、月に36万8千円のサービスを受けることができます。

要介護認定は、介護の必要性の高さが重視されるため、病気の重さと要介護度は必ずしも一致しません。病気が軽くても介護に大きな労力を要する場合には要介護度が高くなり、反対に病気が重くても介護に手間がかからない場合は要介護度が低くなります。例えば、アルツハイマー型の認知症で身体状態が比較的良好な方でも、徘徊などの問題行動のために介護の手間がかかることがあります。しかし、寝たきりの方に認知症の症状が加わった場合、症状としては重くなっていますが、問題行動は発生しにくいため、介護の総量は大きく増えません。

転職を考えている方へ

転職先を決める際は、給与・待遇などの労働条件や労働環境、仕事内容なども含め、総合的な情報を元に判断する必要があります。

情報は、インターネットや情報誌などからも得ることが可能ですが、一番重要なのは、情報の「信頼度」です。

「ナース専門の転職サイト」は、総合的な情報が多いため非常に効率よく情報収集ができ、信頼度も高いため、一度は登録しておいて損はありません。

また、登録をすることにより、非公開となっている求人を閲覧することもできます。

転職専門のコンサルタントは、個別的な相談にも応じてくれ、一般では知り得ない情報や、就職に向けて採用されるための面接のポイントや履歴書の書き方なども丁寧に教えてくれます。

更に、転職先の職場と待遇面などの交渉もしてくれますので、一度、登録をしてみてはいかがでしょうか。

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

要介護認定は介護保険と共に生まれました。この介護保険を受けるためにはこの認定が必要不可欠になります。
本来は要介護認定には要介護度とか予防の要支援の2種類に分けられていて、正確には「要介護認定等」と「要支援認定」と言うのが正確な表記の仕方らしい…。
でも、この2つをひっくるめて要介護認定と一般的には呼んで良い事になっているようだ。

この2つの基準は要支援の場合1~2・要介護の場合は1~5と分けられていてそれぞれのレベルにより介護保険の月額限度額が違いますね。
この調査は2段階で通常行われます。主な調査項目には麻痺の有無・関節可動域・排泄状況・デクビの有無・認知症の進行度‥などの項目に沿って調査が行われ判定されることになるわけですね。
この認定調査をしなければ要介護認定を受けられず介護保険も使えないということになるわけです。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE