特定機能病院

特定機能病院【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

とくていきのうびょういん

用語の意味

特定機能病院とは、より高度な先端医療もしくは専門医療を必要とする患者や、重い病気が進行中の急性期の患者を診察する環境づくりのためにできた医療機関の機能別区分のうちのひとつです。

1992年に制定された医療法の改正により、厚生労働省が特定機能病院を承認するようになりました。特定機能病院の目的は、高度医療を提供できる病院に患者が集中してしまい、重症で、高度医療を必要とされる患者への医療提供が難しくなってしまうことを防ぐことです。

そのため、他の医療機関からの紹介状(診療情報提供書)を持たない初診患者が特定機能病院を受診する場合には、追加料金が必要になります。

 

特定機能病院の承認を受けるためには、一般の病院としての設備に加え、来院患者の紹介率が30%以上であること、病床数は400以上、診療科が10以上、集中治療室、無菌病室、医薬品情報管理室、病理解剖室、化学・細菌および病理検査室、研究室、講義室、図書館の施設を備えていることなどが条件になっています。

救急医療の提供に関しては義務付けられてはいません。

診療科は内科、外科、精神科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、産科、婦人科、 眼科、耳鼻いんこう科、放射線科 ・脳神経外科、整形外科 ・歯科 ・麻酔科のうち10以上という規定があります。

 

2016年3月15日時点では全国84ヵ所が特定機能病院に認定され、全国の大学病院以外にも、国立循環器研究センター静岡県立静岡がんセンター大阪府立成人病センターなどが特定機能病院の承認を受けています。その一方で、医療事故などにより、承認が取り消された病院もあります。

 

特定機能病院には、医科・歯科系の専門学会の認定を受けた専門医、指導医が数多く在籍し、専門知識を持った医師による高度医療が実施されています。

特定機能病院に認定されると、診療報酬に優遇措置が取られ、重症認定を受けている難病患者様においては、特定機能病院で治療を受けた場合に、一部自己負担額が公費になるといった特典もあります。

このページを友達に教える
「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る