人工呼吸器の役割

人工呼吸器の役割【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 人工呼吸器に求められている役割を知ることができる
  • 人工呼吸器の役割を理解し、適切な対応について考えることができる

 人工呼吸器の役割

ガス交換の改善

  • 肺動脈に送られた二酸化炭素の多い血液は、肺胞のガス交換によって酸素の多い血液となり、全身へ運搬される
ガス交換とは:肺胞(肺の末端組織)と肺胞を取り囲む毛細血管との間で行われる、酸素と二酸化炭素との受け渡し
  • 人工呼吸器を使用することでガス交換の改善を図る
  • ガス交換を人工呼吸で行うことで、呼吸性アシドーシスの改善を図ることができる
呼吸性アシドーシスとは:呼吸機能が低下して(呼吸不全)体から上手く二酸化炭素が排出できなくなり、体が酸性に傾いた状態

肺容量の改善

  •  呼気と吸気の量を調整して、送り込む空気の量や圧を一定にし、適切な量の換気を行う
  • 体内の酸素化や、肺容量の改善、肺胞の虚脱予防を図る

呼吸仕事量の軽減

  •  疾患によって努力呼吸となった患者や、呼吸により体力を消耗してしまう患者に使用することで、呼吸仕事量の軽減を図る
つまり、呼吸で必要な体力の消耗を防ぐ
  • 吸気時に空気を押し込んで吸いやすくして、呼吸困難感の改善を図る

その他の役割

  • 臨床症状に対する役割は次の通り(人工呼吸器の適応)
    • 低酸素血症の改善
    • 急性呼吸性アシドーシスの改善
    • 呼吸困難感の改善
  • 他にも無気肺の予防、鎮静や神経筋遮断、胸壁の安定などにも使用される
  • 人工呼吸器を使用することで、原疾患の治療において組織への酸素供給を維持する
  • 原疾患による合併症を予防する

 

本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!