プライマリ・ケア

プライマリ・ケア【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

ぷらいまり・けあ

用語の意味

プライマリ・ケアとは、定義や意味合いが幅広く、用いられる場面や状況によってニュアンスが変わってしまいます。

1996年米国アカデミー(National Academy of Sciences)がプライマリ・ケアを定義したものがあり、その中でプライマリ・ケアとは、患者の抱える問題の大部分に対処でき、かつ継続的なパートナーシップを築き、家族及び地域の枠組み中で責任を持って診療する臨床医によって提供される、総合性と受診しやすさを特徴とするヘルスサービスである。と説明されています。

緊急時の対応や、患者に対しての行き届いた配慮など、対人面における環境づくりが重要です。

性別や年齢、疾病の種類にとらわれることなく、安心して受診して貰えるような、医療機関が求められています。
また、様々な状況に対応していくためにも、チーム医療の展開や他の医療機関との連携、地域住民との協力など、必要に応じて情報を共有し、患者にとって最良の選択ができるようにしておくことも大切です。

予防的な取り組みも重視していく必要があります。
ワクチンの接種など、適切な予防が行なわれた場合、疾病の発生や重症化を抑えることが期待できます。新たな患者を作り出さない、患者の重傷化を防ぐためにも、予防的な取り組みは、積極的に実践していかなければなりません。

認知症や後遺症など、日常的な障害がある場合も、リハビリテーションや生活援助など、疾病や障害の支援をしていくことも大切です。
プライマリ・ケアの実現には、これらのことを継続的に実践していく必要があり、医療に携わる者の一人として、責任をもって取り組んでいくことが、求められています。

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

プライマリ・ケアの意味と言えば、身近で何の疾患でも診察してくれる所(開業医などのかかりつけという意味合いになりますね)
例えば、子供が怪我をした⇒かかりつけの小児科へ⇒大きい病院を紹介してもらうといった流れの初期診療の部分を通常プライマリ・ケアと言いますよね。

近接性(近い・経済的・精神的)包括性(予防・治療・リハ・全ての人を対象にした)協調性(専門医・チーム)継続性(ゆりかごから墓場まで)責任性(医療機関の監査システム・説明・教育)と言う5つの理念により成り立つと言われています。

また、プライマリ・ケア連合学会もあるようです(入会金制)大半の会員はドクターその他にも薬剤師やコ・メディカルが占めています。
最近の学会のニュースと言えば、認定薬剤師制度を2009年に創設したようです(医療系学会で初!!)まぁ診察するからには薬が付きものですからね…。

このページを友達に教える
「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ
全国求人、こちらもオススメです
詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る