保険外併用療養費

保険外併用療養費【いまさら聞けない看護用語・略語】
公開日:2011年12月2日
最終更新日:2011年12月2日
(変更日:2013年4月13日) ※

用語解説

用語の読み

ほけんがいへいようりょうようひ

用語の意味

健康保険が適用される範囲内で診療を受けられる保険診療と、健康保険の範囲を超えた医療費の自己負担の自由診療を併用する医療(混合医療)は、原則的に禁止されています。
よって診療の一部に保険が適用されないものがある場合、保険が適用される診療を含めた、全ての診療行為の医療費が全額自己負担となります。
上記の背景を鑑み、混合医療禁止の規制を緩和することを目的とする特定療養費制度による例外措置が、平成18年に健康保険法が改正されたことに伴い設置されました。

その例外措置とは、保険外併用療養費制度とよばれるものです。
保健外併用医療費は、「評価療養」と「選定医療」を受けたとき、医療保険から給付される費用のことをいいます。
通常の診療と共通する基礎的な部分(診察・検査・投薬・入院等)の診療費用は、一般の保健診療と同様、自己負担割合3割の一部負担金を支払いますが、その他、残りの費用は保険外併用療養費健康保険として扱われ、医療保険から支給されます。

この評価医療と選定医療は、一般的な診療とは少し異なっており、評価医療とは、厚生労働大臣が定めた先進医療や治験に係る診療、未承認の薬の使用を指します。
そして、選定医療は保健の導入を前提としない医療を指します。この中には金属総義歯や、時間外診療、180日以上の入院などが含まれます。

保健外併用医養費制度の趣旨は、医療に対し、国民の選択肢を広げ、利便性を向上することを目的としていますが、それは言い換えるなら、個々人の意思で受ける医療を決定するということです。したがって、私たち自身で医療行為の安全性や有効性に関する情報を得て、適切な医療サービスを選択する姿勢が今後求められるようになります。

本コンテンツは、看護師監修のもと、ページ公開時の調査、情報などに基づき記述されたもので、正確性や安全性を保証するものでもありません。実際の内容は各専門機関の最新情報をご確認いただきますようお願いいたします。
本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。
※コンテンツの日付け表記ついて「公開日…ページを公開した日」、「最終更新日…情報を更新した日」、「変更日…システムやデザインの変更を行った日」をそれぞれ指します。
「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE