民間生命保険の管理業務

民間生命保険の管理業務【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

みんかんせいめいほけんのかんりぎょうむ

用語の意味

民間生命保険の管理業務というのは、民間保険会社の商品である生命保険についての情報管理や保全など行なうことを示しています。主に保険代理店が行なっている業務です。

契約者の保険加入状況の整理、一覧作成から現状分析、各種調査、保険金・給付金の審査や支払い、契約の保全、税務対応、教育などが含まれます。初期対応や相談、訪問、新商品の提案など、接客業務が含まれている場合もあります。

保険販売業界では、国内での契約率が90%を超えています。銀行窓口での保険販売といった、各種の規制緩和や少子高齢化によるマーケット規模の縮小、保険会社の破綻などにより、顧客獲得の競争は激化し、保険代理店はただ商品を販売するだけという今までの方法ではなく、顧客に応じた商品の提案やアドバイス、リスクマネージメントなど、顧客の立場に立ち、顧客を守っていくという、既存の顧客を維持する方向転換への必要性に迫られています。

保険、年金、金融、税金といった専門的な知識を有するファイナンシャルプランナーやライフコンサルタントを雇用し、生命保険だけではなく、他の保険や関連する金融商品、顧客のライフプラン作成など、幅広い知識、視点での管理業務が重要になってきていると考えられます。

運用管理、情報管理の一元化による品質向上や、体制・設備の縮小という改善を行ない、よりスムーズに管理業務が行なえるようにしている代理店もあります。

生命保険の管理業務を行なう代理店が、会計事務所と顧客である保険契約者の保険契約情報をインターネット経由で共有し、保険の管理や決算対策などに対応するといった、新たなサービス、新たな管理業務スタイルを行なう代理店も増えています。

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

最近の生命保険は様々な新商品が出てきて加入する側もどれがホントに良い保険商品なのか??今のままの契約で充分なのか等正直なところよく解らないと言うのが多くの人の声だと思います。

当然、各民間生命保険を契約した場合にはバックで色々な調査や契約情報を管理している人がいるわけです。
現在の生命保険加入者は8割以上と殆んどの人が生命保険に加入しています。
その中でもやはり!!と言う位40代~50代の加入者数が特に高いよう(生活習慣病等、発症しやすい年齢だけに)

トータルして見ると膨大な加入者の管理をしている訳ですから…。想像するに余りあるわけですよね。
だからなのか私達が加入している保険が実際どんな方法で管理業務が行われているのか私達の目には見えませんよね。
調査等の込み入ったことも含まれているので当然と言えるのかもしれませんね。

このページを友達に教える
「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ
全国求人、こちらもオススメです
詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る