レッドリボン

レッドリボン【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

れっどりぼん

用語の意味

レッドリボンとはアウェアネス・リボン(輪状におられた一本のリボン、またはそのイラスト)の一つで、もともとはヨーロッパで古くから伝わる風習として知られていました。当時のレッドリボンは事故や病気で命を落としてしまった人達への追悼の意を表すことでしたが、1980年代の終わりにアメリカでエイズが社会問題化したことをきっかけに、エイズ患者への理解を示すためにレッドリボンをシンボルマークとした様々な運動が始まりました。この背景にはアメリカの音楽・演劇界で活躍するアーティスト達の間にもHIV感染・エイズ発症が広がったということがあり、そのような仲間への理解と支援の輪を広げるという意味でレッドリボン運動は盛んに行われるようになりました。

この運動はアメリカだけではなく、世界中でこの考えに賛同する人々の間に広がり、UNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークとしても用いられています。またこのマークには著作権などによる使用制限は一切なく、サイズやデザインなどを自由にアレンジして用いることが許されています。また、日本におけるレッドリボン運動は昭和62年6月に設立された公益財団法人エイズ予防財団が中心となって展開されており、ここに寄付をすることでレッドリボンをモチーフとしたピンバッチやステッカー・マグネットなどのグッズが渡されます。

HIV感染者やエイズ患者はサハラ砂漠以南のアフリカを中心にその数が多く、深刻な問題となっていますが、「感染予防・啓発の普及」「強力な抗HIV療法(HAART:Highly Active Antiretroviral Therapy)の普及」などにより、新規のHIV発症者数・エイズ発症者数が減少傾向を見せ始めました。しかし、日本における新規のHIV発症者数・エイズ発症者数は増加傾向にあり、先進国でありながら我が国は世界的な動きから取り残されています。その大きな理由として「エイズに対する無知・無関心」「恐怖心による受検拒否」「差別・偏見」などが考えられており、自分がHIV感染者であるということを知らないままに性交渉を持っている人がたくさんいることが問題視されています。HIVの感染予防に対する知識はもちろん、HIVに感染してしまった時に早期に適切な対処をすることでエイズの発症を遅らせることが出来るということを知らない人が多いため、このような事態を引き起こしているのです。

この状況を打開するため、国内でのさらなる啓発・普及イベントを行うことが必要とされていています。特に複数の異性との性交渉が盛んな若い世代に対しては、エイズを正しく知るきっかけとして、アーテイストによるチャリティーコンサートやイベントを通しての呼びかけが行われています。

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

レッドリボンはアウェアネス・リボンの中で一番知名度のあるリボン運動ではないでしょうか。
赤色⇒エイズを意味しエイズに対して偏見を持たない!差別せず疾患を理解し支援していくという意味を持っています。

エイズ(後天性免疫不全症候群)はHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染することで起る病気ですよね。
つまり感染しなければエイズとは呼びません。
日本でエイズ患者が確認されたのは1985年…エイズウイルスが発見されたのが1983年頃と言われていますね。
それでも未だHIVを体内から完全に無くすことは出来ていません。
しかしそれでも、早期発見して発病を抑えれば普通に生活を送ることが出来る病気ですから正しい知識を持つ事は大事ですよね。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE