小児専門の集中治療室(PICU)

小児専門の集中治療室(PICU)【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

しょうにせんもんのしゅうちゅうちりょうしつ

用語の意味

ICUとは「集中治療室」のことで、内科系・外科系を問わず院内の急患者や術後等の重症患者を受け入れて、集中的に医療処置や観察、看護を行う設備のことです。ICUは受け入れる患者の診療科ごとにさらにCCU(冠状動脈疾患管理室)、SCU(脳卒中治療室)、NICU(新生児集中治療室)等に細分化されます。PICUはそのうちの一つで、小児の重症患者を受け入れることが出来る専門のICUのことです。

PICUは小児の重症患者であれば誰でも、基礎疾患や病態を問わずに入室し集中的に治療を受けることが出来ます。PICUでは院内で急変した患児だけではなく、他府県の小児救命救急患者を24時間体制で広域搬送して受け入れることができるため、小児専門の高度医療を行うための設備やマンパワーが十分に整備されていない地域の医療機関から、患児が搬送されてくることもあります。

しかし、現在の日本では一般的なICUに比べてPICUは設置が遅れているという現状にあります。欧米では既に、子供と成人の救急医療は別分野として取り扱われてきたことに対して、日本では子供の大人の救急医療の区分がなく、小児救急も一般的な救急として対応されてきました。その結果、日本の小児(1歳~4歳児)の死亡率が先進国の中では最低ランクとなっており、その主な原因はPICUや小児の集中治療に習熟した医師の不足の問題と考えられています。

この状況を受けて、厚生労働省は2012年度の診療報酬の改定の際にPICUを設置している病院に対して診療報酬を加算する形で補助金を設ける方向で話し合いを進めています。また同省はPICUの設置を進めるだけではなく、小児の集中治療を行うことが出来る専門医の不足を解消するため、予算の一部を専門医育成経費の補助に充てる予定です。

小児専門の集中治療室(PICU)に転職を考えている方へ

現在、小児専門の集中治療室(PICU)自体が非常に少ないため、選択肢が限られているのが実状です。しかし、いずれにしても、その各医療機関の実態については、給与・待遇などの労働条件や労働環境、仕事内容なども含め、総合的な情報を元に判断する必要があります。

情報は、インターネットや情報誌などからも得ることが可能ですが、一番重要なのは、情報の「信頼度」です。

「ナース専門の転職サイト」は、総合的な情報が多いため非常に効率よく情報収集ができ、信頼度も高いため、一度は登録しておいて損はありません。

転職専門のコンサルタントは、個別的な相談にも応じてくれ、一般では知り得ない情報や、就職に向けて採用されるための面接のポイントや履歴書の書き方なども丁寧に教えてくれます。

更に、転職先の職場と待遇面などの交渉もしてくれますので、一度、登録をしてみてはいかがでしょうか。

看護師・椿(つばき)の一言コメント

看護師・椿(つばき)

PICU⇒小児集中治療室ですね。
今現在、日本には4か所…関東2か所・長野・静岡しかありません(少な!!)
一から小児専門の集中治療室(PICU)を立ち上げたのは静岡県立こども病院のセンター長だという。

私も最近知りましたが先進国で比べると0歳児の死亡率は日本は確かに少ない(これは有名)しかし、これが1歳1~4歳までの死亡率となると最悪なんです!!!
ただでさえ、日本の小児科医不足は深刻な問題なのに、更に高度な治療や技術を持つ小児科医は圧倒的に少なくなる…。

やはり小児医療は、採算取れないのに人件費や特殊で多種多様の医療器具が必要となるのが問題!!
やっと2012年から診療報酬の改定や育成費の補助等援助を始め出しました(国のやることはいつも後手後手だな…)がやはり遅いと言わざるおえないでしょう。

しかし、これにより徐々にPICUの数は増えてくるのだろうと思いますが…まずは小児科医・救急医不足を解消しないといけないような気がしますがね…。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE