経口与薬

経口与薬【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 医師から指示された内服薬を確実に投与する

必要物品・準備

  • 内服薬
  • 薬袋
  • 水分
  • コップ

方法

  1. 事前に指示内容や患者の状態(嘔気・嘔吐・下痢など)を確認し、不明な点などあれば医師に報告する
  2. 薬袋に書かれてある氏名・内服薬名・用法・用量などをよく確認する
  3. 内服薬と薬袋の内容が合っているかを確認する
  4. 部屋番号、患者氏名を確認し、患者にも氏名をフルネームで言ってもらうよう促し、本人確認をする
  5. 誤嚥防止のため、体位を整える(坐位もしくはファウラー位、または立位)
  6. 止むを得ず仰臥位の状態で内服をする場合、頭部挙上し、顔を横に向ける
  7. 内服するのに十分な水分(水またはぬるま湯)を用意し、服用してもらう
  8. 食道潰瘍防止のため服用後、最低2~3分は臥床させないようにする

観察項目

  • 嘔気・嘔吐・下痢の有無
  • 内服後の気分不快の有無
  • 確実に嚥下することができたかどうか
  • 管理状況(内服自己管理をしている患者の場合) 

アセスメント

  • ごく少量の水分あるいは水なしで内服した場合、食道潰瘍が誘発されることがある
  • サルファ剤投与の場合、腎障害を予防するため200~300ml程度の水分が必要

注意点

  • 検査や治療などで絶飲食になる場合、内服薬の変更・中止の有無を医師に確認する
  • 高齢者の場合、錠剤やカプセルなどは一つずつ飲んでもらう
  • 包装ごと内服したり、口腔内から薬がこぼれたり、飲み込めずに残っている場合があるため、正確な内服投与が終了するまでは目を離さずに観察する
  • 口腔内与薬(舌下錠・トローチなど)は、飲み込んだり、噛み砕いたりせずに口腔内で溶けるまで待つように説明をする
  • 抗生物質・抗菌剤・糖尿病薬などは、確実な薬効を得るため、決められた時間に服用する
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!