フットケアの実際 末梢動脈疾患患者

フットケアの実際 末梢動脈疾患患者【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • ここでは特に、閉塞性動脈硬化症(ASO)の疾患の特性を理解する
  • 閉塞性動脈硬化症(ASO)による足への異常を発見したら、医師や他部門との連携し治療や指導にあたる

観察項目

生活習慣や危険因子

  • 特に動脈硬化を起こしやすいもの:喫煙歴・飲酒(多量)・脂質の多い食事・塩分の多い食事・運動不足の有無や程度、高血圧や脂質異常症の発症の有無

虚血性の変化

  • 狭窄・閉塞の有無や左右差
  • 拳上試験(仰臥位で両下肢を拳上して30秒ほど足関節の屈曲負荷をかける)および下垂試験(端坐位で下腿から下を下してもらう)ことで分かる

皮膚の冷汗や動脈触知の有無

  • 足全体の冷感の有無や左右差、足背動脈・膝窩動脈・大腿動脈の動脈触知の有無や左右差

血流の有無

  • 足背動脈や後脛骨動脈(踵骨と距骨の間のくぼんだ箇所)で、血流音の聴取と波形を確認

アセスメント

生活習慣や危険因子

  • これらの生活習慣がある、あるいは高血圧・高脂血症を発症している場合、動脈硬化が進んでおり、ASOのリスクが高い

虚血性の変化

  • 拳上試験を行うと、狭窄・閉塞のある患側は蒼白になる
  • 下垂試験を行うと、健側ではすぐに赤みを帯びた色になるが、狭窄・閉塞があると数分遅れる

皮膚の冷汗や動脈触知の有無

  • 足全体の冷感の左右差がある場合、それより中枢側での閉塞を疑う
  • 足背動脈・膝窩動脈・大腿動脈の動脈触知の左右差がある場合、触知が弱い方での閉塞を疑う

血流の有無

  • 足背動脈や後脛骨動脈(踵骨と距骨の間のくぼんだ箇所)で、ドプラを用いて血流音や波形を確認するが、血流音がしない、波形が乱れる、などがあれば閉塞を疑う
  • ここまでで末梢動脈疾患を疑ったら、聴診を行い、雑音を確認する
  • 雑音が確認できたら、無侵襲検査(足関節/上腕血圧比)や歩行運動試験、画像診断などを経て末梢動脈疾患がある、と診断される
  • 仮に足背動脈等の脈拍が確認できれば、整形外科的疾患や糖尿病による末梢神経障害が疑われる
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!