清潔管理 陰部洗浄

清潔管理 陰部洗浄【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 陰部の清潔を保ち、患者さんに爽快感を与え、感染を予防する

必要物品・準備

  • 便器または紙おむつ
  • 防水シーツ
  • バスタオル
  • 安楽枕
  • ディスポーザブル手袋
  • 洗浄剤または石鹸
  • ガーゼやウォッシュクロスなど
  • 温流水をかけるためのシャワーボトルなど

方法

  1. 陰部洗浄の許可があることを確認し、患者に説明して同意を得る
  2. 必要物品を準備し、環境を整備する
    • 患者さんの体の下に防水シーツやバスタオルを敷く
    • 便器または紙おむつを臀部の下に挿入する
    • 両下肢をバスタオルなどで多い、保温する
    • 直前までバスタオルやタオルケットで身体を覆い、不必要な露出をさける
  3. 適温な湯(微温湯程度、患者に確認する)を適量用意する
  4. 皮膚や粘膜の状態を観察し、汚れの程度、色、乾燥の有無、発赤やただれ等の有無を確認する
  5. 感染予防のためにディスポーザブル手袋を着用する
  6. 汚れや分泌物を、湯をかけながら流す
  7. ガーゼやウォッシュクロスを使用し、石鹸をつけて丁寧に洗う
    • 女性の場合:片方の手で陰唇を開いて洗う
    • 男性の場合:片方の手で陰茎を保持しながら裏側も洗い、亀頭部は包皮をずらして露出しながら汚れを落とす
  8. 石鹸や洗浄剤が残らないよう、湯でしっかり洗い流す
  9. 水分をしっかり拭き取る(便器または紙おむつを外した後は側臥位にすると拭きやすい)
  10. 清潔な下着を着用する

観察項目

  • 皮膚や粘膜の、汚れの有無や程度、色、乾燥の有無、発赤やただれなど

注意点

  • 特に皮膚や粘膜が重なっている箇所は、汚れが溜まりやすく、異臭を発することもある
  • 膀胱留置カテーテルを留置している場合は、1日に1回程度は陰部洗浄を行う
  • 紙おむつを使用している場合は、肛門周囲以外にも便の付着があることがあり、陰部への感染の原因ともなる
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!