移乗 ベッド・ストレッチャー

移乗 ベッド・ストレッチャー【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 行動制限中(ベッド上安静)の患者を安全安楽に移乗する

必要物品・準備

  • ストレッチャー

バスタオルまたはシーツ、患者移送用スライダーなど

方法

  1. 患者様に移動の必要性と移動方法を説明する
  2. 輸液や酸素投与中の場合は輸液スタンドやボンベなどを設置しておく
  3. ベッドとストレッチャーの高さを合わせ、ストッパーを確実に止める
    • ベッド柵、ストレッチャーの柵をはずす
    • カテーテル類は、あらかじめ患者のそばにまとめておく
  4. 患者の腕を引きずらないよう、両腕を胸の上で組んでもらう
  5. 介助者は、患者の両サイドに2人ずつ、計4人確保するのが望ましい
  6. 患者を移動する
    1. 介護者は腰を落とし重心を低くしボディメカニクスを活用する
    2. 介助者の腕を患者の背部側にしっかり差し込む(服をつかまない)
    3. 「1.2.3」などと声掛けをしながら、呼吸を合わせて移乗する
      ※一気に移動するのではなく、一度ベッドやストレッチャーの端に寄せると移乗しやすい
  7. 移乗が完了したら患者の体位や衣服を整える

【 バスタオルやシーツを用いた移乗 】

  1. バスタオル(シーツ)を患者の体の下に敷く
  2. 介助者は患者の体のすぐ脇でバスタオル(シーツ)をつかむ
  3. バスタオル(シーツ)全体で少し患者を浮かせるようにして移乗する
    → 引きずらないよう注意!

【 患者移送用スライダーを用いた移乗 】

  1. 患者を側臥位にし、スライダーを患者の背部下に差し込む
    このときスライダーがベッドとストレッチャーの間にくるようにする
  2. 患者をスライダーの中心に乗せ、静かにスライドさせて移乗する

アセスメント

  • 移乗の際、傷を作ることがないよう注意したか
  • カテーテル類が抜去することがないよう注意したか
  • 移乗による患者の苦痛はないか

注意点

  • バルーンなどの排液用カテーテル類は、あらかじめベッド柵から外しておく(事故抜去の可能性あり)
  • 移乗による摩擦や、着地の衝撃に十分注意する
  • ストッパーは確実に止め、また移乗後は転落防止のためすみやかに柵を上げる
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!