移乗 車椅子(全面介助)

移乗 車椅子(全面介助)【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • ベッドから他の場所へ移動する
  • 両下肢に麻痺がある場合は、看護師が全面介助して行う

必要物品・準備

  • 車いす

方法

  1. 移動の必要性と、移乗の流れを説明し、患者さんに理解と協力を得る
    ※ベッドサイドのスペースは十分かを確認し、必要があればベッド周囲を整頓する
  2. 車いすをベッドサイドへ持って行き、ベッドに対して20~30°の角度で設置する
    ※車いすのブレーキを必ずかけること
  3. 車いすのアームレストとベッドの高さを同じくらいになるように調節する
  4. 患者さんをベッドサイドに端坐位で座れるように体位を整える
  5. 看護師の首の後ろへ両腕を回し、深く手を組み、上半身の重みを看護師に乗せる
    ※患者さんは前傾姿勢になるので、自然な立ち上がり動作がとれるようになる
  6. 車いすに近い側の患者さんの下腿を看護師の両膝で挟み、患者さんの下半身の重みを看護師の大腿で受けるようにして、立ち上がり動作を介助する
  7. 看護師は患者さんの腰の後ろで手を組み、脇をしめて、患者さんの上半身を自分のほうへ引き寄せる
  8. 看護師は車いすに近い方の足を軸にして、車いすの方へ向き合うように患者さんの向きを変える
    ※この時に看護師が軸足を動かすと、一瞬でも患者さん+看護師の全体重が片足にかかるため、不安定になって危険
  9. 一度浅い位置にゆっくりと腰かける
  10. 看護師は車いすの後ろ側へ回り、患者さんの両脇の下から(背後側から)腕をいれ、肘に近い位置で腕を把持する
  11. 患者さんの上半身を少し前傾させ、やや上に引き上げるように手前に引く
  12. フットレストを上げ、患者さんの両足を載せる

アセスメント

  • 車いすに深く腰掛け、しっかりと椅座位がとれているか
  • フットレストに足を載せた時、足を揃えて座っていられるか

注意点

  • 両下肢に麻痺がある場合、フットレストに足を載せた時にバランス良く載っているかを確認する
    ※両下肢が開いてしまう、フットレストから足が落ちてしまう場合は、移動中に足が引っかかり痛める危険性がある
  • 椅座位が上手くとれず、ずり落ちた姿勢のまま移動すると、転落の危険性がある
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!