経管栄養 経鼻カテーテル

経管栄養 経鼻カテーテル【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 経口的な栄養摂取が難しい場合、経鼻的にカテーテルを挿入して胃や十二指腸に栄養物を送る

必要物品・準備

  • 経鼻カテーテル
  • 固定用テープ
  • 潤滑油
  • ガーゼ
  • ティッシュペーパー
  • シリンジ
  • 聴診器
  • 栄養剤・白湯
  • 注入用ボトル
  • 栄養剤接続チューブ

方法

  1. 経管栄養の目的や方法について、患者に説明し、同意を得る
  2. 挿入時の咽頭刺激や、咳嗽・悪心・嘔吐などの可能性についても事前に十分説明し、不安を取り除くように努める
  3. 物品の準備をする
  4. ファウラー位かセミファウラー位、もしくは坐位に近い体位にする
  5. 鼻腔からゆっくり挿入し、患者の嚥下運動に合わせてゆっくりと胃の中に挿入し、複数の看護師や担当医とともに確認する
  6. 胃内容物が吸引できるか確認する
  7. シリンジで5~10ml程度のエアーを送り、聴診器を用いて心窩部で音を確認する
    ※確認が困難な場合は、レントゲン撮影をする
  8. カテーテルに少し緩みを持たせ、テープを用いて鼻翼と頬にそれぞれ固定する
  9. 準備した栄養剤をカテーテルに接続し、適切な速度で注入する
  10. 白湯や内服薬があれば注入する
  11. 注入が終了したら注入用ボトル・栄養剤接続チューブ・シリンジを片づける

観察項目

  • 呼吸状態
  • 腹部膨満の有無
  • 姿勢
  • 咳嗽・喘鳴の有無

アセスメント

  • カテーテルの長さの目安は、鼻先から耳朶+耳朶から剣状突起まで(成人の場合50~60㎝程度)
  • カテーテルの材質は可能であれば、細くて柔らかいものを選択する

注意点

  • 開口が可能な場合、咽頭にチューブが真っ直ぐ通り、とぐろを巻いていないことを確認する
  • 注入の速度が速いと腹痛・嘔気・嘔吐・下痢などの症状が起こる危険性がある
  • 経鼻カテーテルから栄養剤を注入する際は、輸液ライン等と確実に区別する
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE