輸液ポンプ・シリンジポンプの取り扱い

輸液ポンプ・シリンジポンプの取り扱い【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 輸液ポンプやシリンジポンプの機能・使用目的などを理解し、安全・確実に取り扱う

必要物品

  • ポンプ用シリンジまたはポンプ用輸液セット
  • 輸液ポンプまたはシリンジポンプ
  • 薬液
  • シリンジ

方法

  1. 輸液・薬液が適切なポンプで注入・管理できる機種を選定する
  2. 輸液を作製し、使用するポンプに適した輸液セットまたはシリンジで輸液を満たす
    • 隔数制御型輸液ボンプ:点滴筒に取りつけた滴下センサーにより滴数を数え、速度をコントロールする
    • 流量制御型輸液ポンプ:決められたサイズの輸液セットで流量をコントロールできるため専用の輸液セットが必要である
    • シリンジボンプ:シリンジの断面積とシリンジ内筒を押すスライダーの速度で注入量が制御されている
  3. 医師の指示に従い注入速度輸液流量(mL/分)を設定する
  4. 輸液ポンプは、早送リボタンを押しながら輸液を延長チューブ内を満たしておく
  5. 患者に接続する前に作動させて確認する
  6. 患者に留置されているカテーテルが、正しい位置で確実に挿人されているかを確認し接続する
  7. クランプや三方活栓など閉塞部を開放する
    ※クランプしている静脈留置針に接続する際、ヘパリン入り生理食塩液を流し、凝血を除き接続する
  8. 開始ボタンを押して滴下や注入を確認する
  9. 輸液を開始する前に、流量・投与量など設定内容を再度確認する
  10. 開始ボタンを押して開始する

観察項目

  • 輸液セットの点滴筒や輸液ラインに気泡がないか
  • 輸液ラインの閉塞はないか
  • チューブは折れ曲がっていないか
  • クレンメや三方活栓は閉じていないか

アセスメント

  • 医師の指示による薬剤の投与に、適したポンプであるか
  • 使用するポンプに適したカテーテル(点滴チューブ)が使用されているか
  • 警報音が鳴った場合、その原因は何かを検討する

注意点

  • 輸液とポンプ使用目的及びポンプの作動音や警報音が鳴ることと、警報音が鳴っても触れずに看護師へ伝えることを説明する
  • 警報音は患者の不安要素となるため、輸液ラインの閉塞、気泡がたまるなどの要因を速やかに排除する
  • 輸液ポンプ、シリンジポンプは汚染しやすいため、使用後は微温湯で湿らせた布で拭き清潔を保つ
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!