いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

脳浮腫患者への対応

脳浮腫患者への対応【いまさら聞けない看護技術】

目的 

  • 脳浮腫の症状を早期に発見し、脳ヘルニアへの移行を防止する

疾患の概要

  • 細胞間質だけではなく、細胞そのものにも水分が増加・貯留し、脳の容積が増大する
  • 頭蓋内圧亢進、脳ヘルニアの原因にもなる
  • 頭蓋内血腫や脳腫瘍などの頭蓋内占拠性病変、髄液循環障害、脳梗塞などが原因で起こる

脳浮腫の分類

血管性脳浮腫 

  • 血液脳関門の損傷により、血漿成分が細胞間質に漏出することによって起こる(脳腫瘍・脳出血など)

間質性脳浮腫 

  • 脳室内にある髄液が過剰に貯留することにより、細胞間質に漏出することによって起こる(水頭症など)

細胞毒性脳浮腫 

  • 脳の血流低下や低酸素血症が引き金となり、脳細胞の障害によって起こる(低酸素血症・脳虚血の急性期など)
脳浮腫は、血管脳浮腫の頻度が最も高いが、実際にはこれらの種類が複合している場合が多い

画像診断

  • CT所見では低吸収域となる
  • MRIではT1強調像においては低信号、T2強調像においては高信号を示す
  • 脳浮腫を診断するための検査として、頭部単純X線検査、頭蓋内圧測定検査、眼底検査などがある

治療

  • 頭蓋内圧亢進症が疑われる場合、まずCTで原因を探し、必要時、確定診断として頭蓋内圧の測定を施行する
  • 基本的には頭蓋内圧を下げる内科的治療と、外科的治療(腫瘍摘出術など)が並行して行われる
  • 外科的治療は実施できるまで時間がかかるため、内科的治療が先行される

内科的治療

  • 全身管理としては、呼吸管理、頭部挙上(20度~30度)などがある
  • 抗浮腫薬(利尿剤・ステロイド剤)投与
  • バルビツレート療法、低体温療法など

外科的治療

  • 腫瘍摘出術、血腫摘出術
  • 外減圧術(術後に頭蓋骨片を戻さない)、内減圧術(血腫や受傷した脳の一部を切除)
  • 脳室穿刺、脳室ドレナージ術
  • V-Pシャント術など

観察項目

  • 頭痛
  • 悪心、 嘔吐
  • 視力障害
  • 局所的な麻痺

アセスメント

  • 抗浮腫薬は様々な種類があるため、薬物の副作用などを把握しながら異常の早期発見に努める

注意点

明らかな頭蓋内圧亢進がある場合、腰椎穿刺は脳ヘルニアを起こす恐れがあるので、禁忌である
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!