いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

歩行補助具を使用した歩行介助

歩行補助具を使用した歩行介助【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 片麻痺患者に合った補助具を選択し、歩行がスムーズに行えるよう介助する

必要物品・準備

T字杖

  • 歩行障害が軽度の場合に使用する
  • バランス保持のため、安定性を確保する

多脚杖

  • T字杖よりバランスが保ちやすく、優れた安定性を持つ
  • 地上と接する面が広いため、段差や凹凸のある所には不向きである

肘置き型歩行車

  • 歩行車に設置されている肘置き台に腕を乗せることにより、身体のバランスを保つことができる
  • 歩行状態が不安定な人に適している
  • 平衡感覚障害がある患者や、下肢筋力低下がある患者に適しているが、片麻痺患者には不向きである

方法

  • 患者に合った適切な補助具を選択する
  • 高さの調節を行う
高さの調整は、靴を履いた状態で身体が前に傾いてしまわない高さが目安となる
  • 転倒しやすい方向に立って介助を行う

T字杖

  • 立位の状態になった際、グリップを健側の大転子部と同じ高さになるよう調整する
  • 杖は健側に持ち、杖・患側・健側の順に動かしながら歩行してもらう

多脚杖

  • 肘関節が十分に屈曲できる位置に高さを調整する

肘置き型歩行車

  • 直角に肘を屈曲して、身体の距離を約20cm程度空けて肘置き台の上に前腕を置くことが出来る高さに調整する
  • 肘置き台に手を左右対称に置いてから立位となり、前腕部で支えてバランスを取りながら歩行する

観察項目

  • 歩行補助具の高さ調整は正しくされているか
  • 歩行補助具を正しく使用できているか
  • 歩行状態

注意点

  • 歩行時、背中側に傾く患者や、前のめりになる患者もいるので、できるだけ正しい姿勢で歩行ができるよう介助を行う
  • 片麻痺患者では麻痺側の後ろ側から介助を行う
  • 後ろ方向だけではなく、前方へ手だけが進んでしまい腰が遅れる状態になると前方への転倒の危険もある
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!