血液ガス分析結果を読む

血液ガス分析結果を読む【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 酸塩基平行・体内の酸素化・換気状態など、血液ガスの分析結果を読み取り患者の状態を把握するとともに、手術中のケアに役立てる

観察項目

pH

  • 基準値:7.35~7.45
  • 低値の場合:呼吸性アシドーシス(閉塞性肺疾患・気胸など)、代謝性アシドーシス(ケトアシドーシス・腎不全・ショックなど)
  • 高値の場合:呼吸性アルカローシス(過換気症状・敗血症など)、代謝性アルカローシス(嘔吐・原発性高アルドステロン症・低カリウム血症など)

※訂正しました。ご指摘頂いた方、ありがとうございます。(2016年10月21日)

PO2(酸素分圧)

  • 基準値:80~100Torr
  • 高値の場合:酸素投与
  • 低値の場合:呼吸不全、慢性閉塞性肺疾患、肺血栓など

PCO2(二酸化炭素分圧)

  • 基準値:35~45Torr
  • 高値の場合:呼吸性アシドーシス(閉塞性肺疾患・気胸など)
  • 低値の場合:呼吸性アルカローシス(過換気症状・敗血症など)

HCO3-(重炭酸イオン濃度)

  • 基準値:22~24mmol/L
  • 低値の場合:代謝性アシドーシス(糖尿病・腎不全・ショックなど)
  • 高値の場合:代謝性アルカローシス(嘔吐・原発性高アルデステロン症・低カリウム血症など)

※訂正しました。(2016年10月21日)

アセスメント

  • pHは血液の酸塩基の指標であり、高ければアルカリ性、低ければ酸性に傾いていることを示している
  • PO2は「末梢組織まで十分な酸素が届いているか」を表しており、低値=低酸素血症であれば早急な対応が必要となる
  • PCOは、肺の換気状態を表し、呼吸不全および酸塩基平衡を評価することができるが、肺の換気状態が悪いと高値を示し(pHは酸性化)、過剰であれば低値を示す(pHはアルカリ化)
  • HCO3-は腎臓の酸塩基平衡の状態を表しているが、高値の場合は酸性に傾き、低値の場合はアルカリ性に傾いていることを示す

注意事項

  • 採血はヘパリン全血を使用(ヘパリンをごく少量入れたシリンジで全血を採血する)する
  • 室温保存の場合、10分程度でPCO2は0.4Torr低下し、PO2は10~20Torr上昇するため、採血後は速やかな測定が必要となる
  • 感染症患者や白血球数の多い患者では、測定値が大きく変動する
  • すぐに測定できない場合は氷水などで冷却保管するが、長くても30分以内に測定することが望ましい
  • 気泡の混入は測定値に影響を与えるため、混入した場合は除去する
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!