いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

全身麻酔覚醒・抜管時の看護

全身麻酔覚醒・抜管時の看護【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 麻酔覚醒のプロセスを理解し患者の異常を早期発見し、急変時に迅速に対応できる

全身麻酔覚醒・抜管の流れ

  1. 手術終了
  2. 麻酔科医が、人工呼吸から補助換気へ移行させる
  3. リバース投与
    ※筋弛緩薬の拮抗薬を投与することで、呼吸機能を回復させるために行う
  4. 吸引(気管・口腔) 
    無呼吸の時間を短くするため、気管チューブを回路からはずしている時間を短時間にできるように介助する
    覚醒してきている患者にとって吸引は苦痛を伴うため、声かけを行う
  5. 抜管基準の確認
    ※麻酔科医が、覚醒状態、自発呼吸の状態、筋力の回復や意識レベルのチェックを行う
  6. 抜管
    麻酔科医の合図でカフを速やかに全量抜く
    麻酔科医との連携が大切なため「カフ抜きます」「カフ抜けました」など声をかける
  7. 純酸素投与
  8. 吸引(口腔)
    口腔内の吸引を介助し、落ち着けば自力での喀出を促す
    テープの跡や分泌物・潤滑剤などを除去する
  9. 聴診
  10. 気道呼吸状態の観察
    ※麻酔科医が、意識(覚醒)状態、気道・呼吸状態、循環状態などを確認する
    舌根沈下や気道閉塞・創部痛による呼吸抑制に備えて、再挿管や気道確保の準備をしておく
  11. 機器モニター・バイタルサイン・ガス分析確認
    麻酔覚醒時は創部痛や手術侵襲などから循環動態の変動をきたしやすい
    (高血圧・低血圧・不整脈など)
  12. 退室

看護のポイント

  1. 循環動態の変動や呼吸トラブルが起きやすいので、全身状態を観察し急変時に迅速に対応する
    • 機器モニター・五感により異常を早期発見
    • 麻酔科医が抜管などの処置に集中しているときは、看護師の観察がより重要
    • 全身麻酔の合併症と対処方法を理解しておく
  2. 麻酔覚醒時は患者にとって状況を把握しにくく、心理的な支援が必要
    • 興奮・せん妄状態の対応しながら、手術終了や抜管中でしゃべれないことなどの状況を説明する
    • スキンシップ、保温(加温)
  3. 病棟帰室までに、皮膚異常や神経損傷の有無を観察する
    • 体位に関するもの(末梢神経障害、褥瘡など
    • 医療機器・テープ類によるもの(熱傷・接触性皮膚炎など)
    • 麻酔に関するもの(口唇・舌の裂傷、歯牙の損傷、眼球・角膜の損傷、テープによる皮膚損傷
    • 手術操作・器械によるもの
  4. 転倒・転落の防止
    • 患者のそばを離れず、必要に応じて適切な身体固定(抑制)を行う

 

「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!