唾液腺検査の介助

唾液腺検査の介助【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 唾液腺検査をする患者に適切な介助を行う

観察項目

  • 検査の理解度
  • 確実に検査が行えているか

方法

唾液分泌検査

安静時唾液量

  1. 10分間、唾液を自然排出してもらう
  2. 検査終了後、その量を測定する

刺激時唾液量

  1. ガム試験 10分間、ガムを噛み続けてもらう
  2. 検査中に分泌された唾液を採取し、量の測定を行う

酒石酸刺激

  1. 舌背に1/4M酒石酸1mlを均等に塗る
  2. 10分間で分泌された唾液を採取し測定を行う

カテーテル法

  1. 開口部から顎下腺管(ワルトン管)あるいは耳下腺管(ステノン管)にカテーテルを挿入する
  2. 滴下してくる唾液を採取し、分泌量を測定する

Rlによる唾液流量動態検査

  1. 99mTCO4の静脈注射を行い、各唾液腺への集積状態をシンチカメラにて観察する
  2. 集積がピークに達した際に、ビタミンC製剤やレモンなどを口に含ませて唾液腺を刺激し、その後のRI量の低下を経過観察する

唾液腺造影検査(シアログラフィ)

  1. 顎下腺管および耳下線管の開口部から造影剤(0.8~1.5ml)を注入する
  2. 正面像と側面像の撮影を施行する

アセスメント

  • 安静時唾液量
    • 正常値は2~10ml
    • 1ml以下の場合、唾液分泌低下と判定される
  • 刺激時唾液量
    • ガム試験:10ml以下の場合、唾液分泌低下と判定される
    • 酒石酸刺激:5ml以下の場合は分泌低下とする
  • カテーテル法:各唾液腺の分泌機能が測定できる
  • Rlによる唾液流量動態検査:シェーグレン症候群などで機能低下が見られた場合、唾液腺への刺激および集積による低下の著しい障害が認められる
  • 唾液腺造影検査(シアログラフィ) 腺の陰影では陰影欠損、点状陰影、造影剤の漏洩の有無、唾液腺管の陰影では陰影欠損、屈曲、拡張、断絶などを調べるが、とくに唾石やシェーグレン症候群の診断に用いられる
  • MRI、超音波検査などの発達により、本検査の意義は低下しているが、唾液腺の閉塞や炎症の状態を診断する目的としては有用である
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!