肺動脈弁狭窄症患者への対応

肺動脈弁狭窄症患者への対応【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 肺動脈弁狭窄症患者に適切な対応を行う

疾患の概要

  • 先天性に肺動脈に狭窄が見られ、右心系の圧負荷が増強する病態を肺動脈狭窄症といい、その中でも最も多い疾患が肺動脈弁狭窄症である
  • 通常の場合、無症状で経過する
  • 全先天性心疾患の中でも、比較的頻度が高く、約1割を占める
  • 聴診で, 第2肋間胸骨左縁に最強点が認められ、駆出音に続く収縮期駆出性雑音が聴取できる
  • Ⅱ音の病的分裂、Ⅱpの減弱が聴取できる
  • 心電図で右室肥大が認められる
  • 胸部レントゲン上で、左第2弓の突出と、左第4弓が丸みを帯びた所見がみられる
  • 重症度は(右室比)÷(左室比)で求められる
    • 50%以下:軽症、50%~100%:中等症
      • 大部分は無症状だが、幼児期に易疲労感や労作性呼吸困難などがみられる
      • 肺血流量は正常のことが多く、多くの場合予後良好である
    • 100%以上:重症
      • 新生児期より、心不全やチアノーゼが出現する
      • 肺血流量は減少し、心不全が強く現れ、乳児期に死亡することが多い

確定診断

  • 心エコーにて肺動脈と狭窄した弁の狭窄後拡張が認められる
  • 心カテーテル検査で、右室-右房の圧上昇、収縮期の右室-肺動脈圧較差が認められる
  • 右室造影で、肺動脈の弁狭窄、狭窄後拡張、右室肉柱の発達が認められる

症状

  • 軽症から中等症の場合 大部分は無症状だが、年長になるにつれ、易疲労感や労作時呼吸困難を訴えることがあるが、多くの場合、予後は良好である
  • 重症の場合 新生児あるいは乳児期から心不全、チアノーゼが認められる

治療

  • 軽症の場合、基本的には経過観察
  • 中等度以上の症例では、直視下肺動脈弁交連切開術、経皮的バルーン肺動脈弁形成術を施行する
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!