一次救命処置(BLS)の手順とポイント

一次救命処置(BLS)の手順とポイント【いまさら聞けない看護技術】
公開日:2013年8月20日
最終更新日:2018年11月25日
(変更日:2019年10月28日) ※

目的

  • 一次救命処置(Basic life support:BLS)の流れを理解する

必要物品・準備

  • AED

方法

  1. 体動や意識の有無を確認する
  2. 体動や意識が確認できない場合は、大きな声で人を呼ぶと共に、AEDの手配を行う
  3. 基本的に前額部に片手をあて、もう片方の手であご先を挙上して気道確保を行い、呼吸状態を確認する(Airway)
  4. 呼吸をしていない場合は、人工呼吸を2回行い、胸が上がっていることを確認する(Breating)
  5. 10秒以内の範囲で、脈拍の確認を行い、脈拍の触知ができたら、5~6秒ごとに人工呼吸を1回のペースで行い、2分置きに脈拍の確認を行う(Circulation)
  6. 脈拍触知がない、あるいは困難な場合、胸骨の圧迫を強く、速く30回(1分間100回のペース)行い、人工呼吸2回のサイクルを絶え間なく繰り返す(CPR)
  7. AEDが到着次第、AEDパットを装着し、音声ガイドに従う
乳児や小児の場合、救助者が1人のみの時は、緊急通報する前にCPRを2分間(5サイクル)施行する
  • 胸骨圧迫時は、胸壁が元の位置に戻ってから次の圧迫を行う
人工呼吸が困難な場合には胸骨圧迫を優先する

アセスメント

  • 心肺停止が疑われる傷病者を発見した場合、BLSの手順に基づいて心肺蘇生(CPR 〔胸骨圧迫+人工呼吸〕)を絶え間なく施行し、AEDによる除細動を早期に試みる
  • BLSは生存率を高める最初のステップである
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
※コンテンツの日付け表記ついて「公開日…ページを公開した日」、「最終更新日…情報を更新した日」、「変更日…システムやデザインの変更を行った日」をそれぞれ指します。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE