術後縫合不全のケアのポイント

術後縫合不全のケアのポイント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 縫合不全のメカニズムを理解し、早期発見に努め、適切なケアを提供できる

病態

  • 手術創縫合部の生理的融合が障害され、縫合線に破綻をきたした状態であり、術後1週間ころまでに起こりやすい
  • 縫合不全が小さな場合はあまり問題にはならないが、大きな場合は禁食・中心静脈栄養・ドレナージなどを行う
  • 腹膜炎を合併した場合は、再手術の適応となる

縫合不全のリスク因子

  • 再建された臓器の挙上による牽引・過度の緊張
  • 無効なドレナージ
  • 吻合部血行障害や、吻合部の内圧上昇など手術手技によるもの
  • 高齢、貧血、低栄養
  • 慢性基礎疾患(糖尿病・肝硬変など)およびステロイド剤の使用
  • 感染症

症状

  • 腹部の疼痛、発熱、腹壁の緊張・膨隆
  • ドレーン排液の性状変化(混濁・膿性・胆汁・便汁など)

検査・診断

  • 透視(経口またはドレーンより造影剤を注入)を行うと、縫合不全の箇所から造影剤が漏れ出てくる
  • 毛髪ほどの小さな縫合不全の場合は、X線透視下の造影では判断できない場合がある

治療

  • 禁食・中心静脈栄養・ドレナージなどの保存的療法
  • 間欠的持続吸引器装着による積極的ドレナージ
生理食塩水を用いたドレーン洗浄は、縫合不全を悪化させるリスクがあるため、基本的には行わないが、医師の指示がある場合、理由などについて確認する

看護のポイント

アセスメント項目

  • バイタルサイン
  • ドレーンからの排液の色・性状・量・匂い、およびドレーン周囲の感染徴候
  • 吐気・嘔吐などの腹部症状
  • 疼痛の程度・部位
  • X線、CT、血液データなどの各種検査データ

術式による好発部位

  • 食道切除・再建術:吻合部(食道×胃・食道×結腸)
  • 幽門側胃切除術:残胃との吻合部(ビルロートⅠ法の場合は十二指腸など)
  • 胃全摘術:食道空腸吻合部・十二指腸断端
  • 膵頭十二指腸切除術:吻合部(膵×空腸・胆管×空腸・胃または十二指腸×空腸)
  • 胆道手術:吻合部(胆管と空腸または十二指腸)
  • 結腸切除・低位前方切除術:吻合部

ポイント

  • 縫合不全が起こると消化液が腹腔内に漏れ、腹膜炎を起こすリスクがあるため、排液の観察を確実に行い早期発見に努める
  • 術式・吻合部による排液の性状を理解する
  • 消化液を含む排液が皮膚に持続的に接触するとびらんをきたすため注意する
  • 膵液には消化酵素がふくまれ、これが漏れ出すと自己融解をきたすため、ドレーンアミラーゼ値が高値の場合は膵液瘻を疑う
  • 検査のために造影剤を使用すると下痢を起こしやすいため、検査後はトイレの位置など環境整備を行う
  • 縫合不全の場合でもイレウスのリスクはあるため、離床を促す
離床に伴うバイタルサインや腹部症状の変化などには十分留意する
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!