チームナーシング

チームナーシング【いまさら聞けない看護用語・略語】

用語解説

用語の読み

ちーむなーしんぐ

用語の意味

チームナーシングは、複数の看護師でチームを組んで患者を看護する看護方式です。

1つの病棟を2つ以上のチームに分け、各チームにチームリーダーを配置し、看護師を能力ごとにバランスよく振り分けてチームを作ります。

チームは一定期間固定される輪番制と、全く変えない固定チーム制に分けられます。一方、1人の看護師が入院から退院まで1人の患者を担当する制度をプライマリーナーシングと呼びます。

 

チームナーシングでは、チームリーダーが患者の看護に最大の責任を持ち、方針を立てます。リーダーの指示を受けたチームメンバーは、実際に患者を看護し、その患者の状況や変化、問題点などをリーダーに報告します。

また、チームリーダーは医師からの指示を聞いたり、医師へ患者の状態の報告を行います。チーム間のコミュニケーションとして、カンファレンスを行い、患者の状態や問題点などを共有します。

 

チームナーシングのメリットには以下の点が挙げられます。

  • 看護師間の能力の違いが、それぞれの患者に対する看護の差として現れにくく、一定の水準を満たした看護ができる
  • 看護師同士のコミュニケーションがとりやすく、指導・教育が行いやすい
  • 現場のリーダーが患者の状態や問題点を把握しやすい
  • 多くの看護師が看護にかかわることで、多角的な看護が可能になる
  • 看護師が少ない場合でも対応が可能である

 

一方、チームナーシングのデメリットは以下の通りです。

  • 患者が自分の担当看護師を見極めるのが難しく、心を開きにくい
  • チームリーダーの責任が大きく、高い能力が必要となる
  • 患者1人1人の細かなニーズを把握することが困難である

 

日本では、チームナーシングを採用している病院は多いですが、パートナーナーシングシステムなど新しい看護方式を採用する病院も増えてきています。

このページを友達に教える
「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護用語・略語
コンテンツ一覧
いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る