人工呼吸器トラブル 4 自己抜管

人工呼吸器トラブル 4 自己抜管【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 自己抜管を起こすリスクを観察し予防策を講じることができる
  • 自己抜管を起こした際に適切な処置を行うことができる

自己抜管とは

  • 自己抜管とは患者自身が自分で挿管チューブを抜いてしまうことをいう
  • 自己抜管は、いつでも誰にでも起こりうる可能性がある
  • 自己抜管の原因のほとんどは、鎮痛・鎮静の不十分さである
患者にとって、挿管チューブは異物であることを理解する

自己抜管を起こす危険性のある患者の特徴

  • 自己抜管における観察項目として特に重要なポイント
    • 鎮痛、鎮静の不十分: 挿管の苦痛に耐えられない
    • 精神状態の不安定: 興奮、不穏、判断力の低下
    • 意識レベル低下、認知症: 治療の必要性や現状の認識能力の低下
    • 環境因子: 挿管チューブ固定の不十分、人工呼吸器回路の整頓不良 など
  • その他、自己抜管のリスクを判断するポイント
    • 入院期間、ICU入室期間が長い
    • 不適切な呼吸管理(呼吸補助が患者に合っていない)
    • 睡眠不足、昼夜逆転
    • 身体拘束をされている
    • 血中二酸化炭素濃度が高い
    • 不穏があり、体動が活発である など
該当する状況にある患者には状態観察を十分に行い、危険を回避する

自己抜管の予防

適切な鎮痛、鎮静

  • 挿管チューブは患者にとって異物であることを理解する
    (口や喉に24時間チューブが留置されることは非常に苦痛を伴う)
  • 挿管チューブの自己抜管を予防するために、適切な鎮痛、鎮静が第一選択となる
  • 挿管による苦痛を緩和できる必要最小量の薬剤を投与できるよう、きめ細かな評価が必要
    鎮静に使用する薬剤を参照)
  • ウィーニング(呼吸器離脱)時期が不適切だった場合(早すぎ/遅すぎ)呼吸困難感を自覚し、自己抜管につながる可能性があるため、特に注意を要する

精神的ケア

  • 挿管により会話ができず、意思疎通がうまく図れない、24時間呼吸器につながれていることの精神的苦痛を理解する
  • 挿管や吸引などの処置の必要性、現在の状況を十分に説明する
  • まばたきや手のサインなど、患者と意思疎通のためのツールを共有する

環境的子の除去と整備

  • 挿管チューブの固定の不十分
    • チューブ固定テープのゆるみ、浮き、カフのエア漏れがないようチェックし、十分な固定を行う
  • 人工呼吸器回路の整頓不良
    • 患者の手が届かないよう回路の配置を工夫する

抑制、拘束

  • 上記の対策を行っても、自己抜管のリスクが高い場合は身体抑制や拘束を検討する
  • 必要最低限の抑制、拘束方法を選択し、こまめな観察と評価を行い記録に残す
    抑制使用や観察については施設のルールに従うこと
  • 抑制時に締めすぎると循環障害を起こす可能性もあるため、適切な圧で行うようにする

自己抜管が起こってしまったら

  • 自己抜管による弊害
    • カフが膨らんだまま無理な力でチューブを引き抜いた状態
      • 気道を傷つけ、気道や咽頭に浮腫が起きる
        → 再挿管が困難になる
    • 気道確保がされないことによる人工呼吸の中断
      • 呼吸不全
    つまり、自己抜管は生命にかかわる一大事であり、早急な対応が必要である
  • 自己抜管発生時の対応
    • ただちに応援を呼び、医師へ連絡する
    • モニターを装着し、呼吸状態および全身状態をすみやかに観察する
    • 気道確保、酸素投与を行い、自発呼吸がないまたは減弱している場合はバッグバルブマスクやジャクソンリースを用いて人工換気を行う
    • 再挿管の準備をしておく
    • 医師は呼吸状態を評価し、再挿管の適応について判断する
    • 他の看護師は再挿管の準備をする
    酸素が必要な場合に備え、酸素ボンベや送気用のチューブなど、すぐに設置できるように準備しておく

 

呼吸停止後5~10分後には、循環停止(心停止)が起きるといわれている
脳や心臓を始めとする臓器が虚血状態となり不可逆性変化を起こす可能性がある

 

自己抜管を発見した時の観察項目

  • 自己抜管時には看護師が不在である場合が多い
    • 人工呼吸器のアラームが発見の手掛かりになる可能性が高い
    • アラームが鳴ったら、必ず訪室し患者の観察を行うこと
    自己抜管された場合は気道内圧低下アラーム、換気量下限アラームなどが作動する
  • 自己抜管を発見したら下記を観察する
    • 患者の呼吸状態(自発呼吸の有無、咽頭狭窄や肺雑音の有無)
    • 意識レベル、全身状態の確認
    • 自己抜管を見つけた時間とその状況
人工呼吸器のアラームが鳴った際、自己抜管をしている可能性があり、アラームが鳴った際には訪室して確認をする

 

アセスメント

  • 自己抜管にすぐに気づくことが出来たか
  • 自己抜管に対する適切な対処を行うことが出来たか
  • 対処後、充分な観察を行うことが出来たか
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

修正:7839/看護roo!(カンゴルー) って、どんな転職サイト?
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!